スリップノットのジョーイ、「今回の賞は俺にとってグラミーよりも大きい」

ツイート
UKのドラム専門誌「Rhythm Magazine」にて「過去25年間のグレイテスト・ドラマーTOP 20」の投票結果が発表、栄えある1位にスリップノット/マーダードールズのジョーイ・ジョーディソンが輝いた。続く2位にはドリーム・シアターのマイク・ポートノイ、3位にポーキュパイン・トゥリーのギャヴィン・ハリソン、4位にはラッシュのニール・パート、そして5位にはデイヴ・グロールという結果となった。

「Rhythm Magazine」の発表によれば、ジョーイ・ジョーディソンは38000票を、マイク・ポートノイは29000票を獲得、ジョーイに対し「1999年のデビュー以来メタル・シーンのドラム・マスターとして走り続けている」と評価している。またマイク・ポートノイに関しては「彼は現在もっとも忙しいドラマーである。彼が29000票を集めた事になんら驚きはない」とコメントを発表した。

もちろん、この朗報にジョーイは大喜び。

「途方に暮れちまったよ。世界中にいる友達、そしてファンにありがとうと言いたい。マジで信じられないよ!この事を思い出せば、ずっと俺はドラムを叩き続けていける。みんながいるからこそ、俺は情熱的にもなれるし、今している事を愛していけるんだ。もしみんなが俺をずっと支えてくれていなかったら、俺はもうここにはいないだろう。今回の賞は俺にとってグラミーよりも大きい事だ!俺を生かしてくれているみんなに感謝してもしきれない。本当にありがとう!」──ジョーイ・ジョーディソン

ジョーイ、おめでとう!
この記事をツイート

この記事の関連情報