稀代のメロディ・メイカーTETSUYAが贈る極上のポップ・チューン「LOOKING FOR LIGHT」インタヴュー

twitterツイート

TETSUYA

ソロ第2弾シングル 「LOOKING FOR LIGHT」 2010.8.18 OUT! 稀代のメロディ・メイカーが贈る極上のポップ・チューン

INTERVIEW

僕、歌のセレクトも自分でやってるんですけど。自分で聴いたとき、5つもあるとどれもいいからセレクトに迷うんですよ。どれも“マナカナ”なんで(笑)。

――2010年5月にシングル「Roulette」をリリースした後、7~8月にかけてはTETSUYA初となる全国ワンマンツアー<FIRST TOUR 2010 ルーレットを回せ!>を行ない、そのツアー直後に今回のニュー シングル「LOOKING FOR LIGHT」をリリースする。活動再開後のこのハイペースな流れは、最初から考えていたものですか?

TETSUYA:いや、そんなに前から考えてたものではないです。なので、このツアーもそこまで考えて組んだものではないというか。そもそも、シングル1枚出してのツアーですからね。ただ、なんとなく“夏にツアーやりたいんだよね”という話をして。それをしたのが……今年の頭ぐらいだと思うんですけど。でも、その割には(ツアー日程は)いい曜日を押さえてもらってると思います。名古屋、仙台以外は土、日、祝日、夏休みという感じなんで。急に言うとね、ほんっとに平日しか出てこないんで(笑)。今回は急に言った割にはいい日程を組んでもらえたと思います。で、その夏にツアーやりたいなっていうのも、何か計算してとかじゃなくて、本当になんとなくで。

――「Roulette」を出したあと、すぐにシングルを出したいなというのは考えていたんですか?

TETSUYA:それは考えてましたね。「Roulette」がまずタイアップが決まったので先に出して。その次の「LOOKING FOR LIGHT」は僕の意見で、タイアップが付く付かないは関係なく8月にリリースしようと。なんで8月なのかというと、「Roulette」が5月リリースだったからです。「Roulette」がもっと前ならこのシングルももっと前に出してただろうし。

――「Roulette」後に出すシングルとして、この「LOOKING FOR LIGHT」をチョイスした理由は?

TETSUYA:一番この曲が完成形に近かったし、夏っぽい曲だしってことですね。数あるシングル候補曲のなかでも、この曲は結構前からある曲なんですよ。最近書いた新曲をポンと出すよりも、ライヴではもうおなじみの曲になっているんで、先にこっちを出しちゃいたいなというところですかね。

――ライヴで披露していたときから、曲のアレンジはいまのような形だったんですか?

TETSUYA:アレンジはもう4~5年前からいまのアレンジです。ベースのフレーズとかは多少変わりましたけど基本的なものは4~5年前からありました。

――では、「LOOKING FOR LIGHT」のデモを作ったとき、アレンジのテーマになったものはありますか?

TETSUYA:もう大量に曲を書いてるんで、憶えてないですし。特にテーマというのは、そんなにはないです。曲を書いた順番が影響してるとは思いますけど。食事も、毎日同じよなものを食べてたら飽きるし、たまには違うもの食べたいなと思いますよね? それと一緒で、曲を書くときもそこはバランス良く、アップテンポの曲を書いたら次はちょっとバラード書こうとか。そういう感じで足りないなと思う曲を書いていくので。レコーディングってライヴと違ってやり直しが何度もできるじゃないですか。そこで、録っては聴いて、聴いて何かしら感じたことがあればそこを改善して再度聴いてって。しっくりくるまでそれを繰り返すのがレコーディングで。曲をよくするための作業をそこでは行なうだけですね。

――今回のレコーディングのなかで改善していった部分というと?

TETSUYA:それは、ホント細かいところですよ。ベースラインに関しては、デモだと割とシンプルにルートを押さえてる感じだったんで、多少ベースラインは全体を通して構築していきましたけど。でも、それはベーシストとしてのこだわりの部分で、一般の人には分からない部分だと思います。

――ベースは何を使ったんですか?

TETSUYA:いつもメインで使ってるZONです。

――ギターソロに関しては、いままでの楽曲にはない感じのフレーズ満載で。レコーディングに入る前にかなり考えて?

TETSUYA:そうですね、あとちょうど僕が買ったギターが、ギターを録る日に届いて。それを使ってみたらすごく音がよかったんで。あれ(CDに入っているもの)、テイク1ですよ! 試しにその新しいギター弾いて、そのテイクが採用されてますね。

――ちなみに、その新しいギターというのはどんなものを購入されたんですか?

TETSUYA:FENDERのカスタムショップのストラトキャスターです。

――マスタービルダーものですか?

TETSUYA:はい。マーク ケンドリックです。

――色は?

TETSUYA:ピンクですね。

――それでこのギターソロを。

TETSUYA:イントロとアウトロのテーマもこれで弾いてます。

――TETSUYAさんは、レコーディングのときにベースは何回ぐらい弾くんですか?

TETSUYA:そんなに弾かないですよ。多くて5回ぐらいじゃないですか。いつもそのぐらいです。弾けば弾くほど悪くなるんで。若いテイクのほうがいいんです。

――歌についてはどうですか?

TETSUYA:同じですよ。歌も5本ぐらいじゃないですか。それ以上録り過ぎると、セレクトするのに迷うから。

――それ、すごく少ないほうだと思いますよ。

TETSUYA:えっ、そうなんですか? それ以上録ってどうするのかが分からない。僕的には一応5テイクとって、本当は3~4テイクでOKなんですよ。僕、歌のセレクトも自分でやってるんですけど。自分で聴いたとき、5つもあるとどれもいいからセレクトに迷うんですよ。どれも“マナカナ”なんで(笑)。最近はずっとそうですね。録ってるときは室姫君とかエンジニアの比留間さんとかに“いまのOK?”って感じで確認しながら進めてって。全部とり終わったら聴くんですけど。まあ、5本録っておけばなんとかなりますよ。

⇒INTERVIEWの続きを読む

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス