フローレンス・アンド・ザ・マシーン、「基本に戻って、一からやり直すわ」

twitterツイート
フローレンス・ウェルチは、新作アルバムを制作するために「鍋とフライパンを叩く」らしい。彼女は、<Vフェスティバル>でのステージがフローレンス・アンド・ザ・マシーンにとってはこの夏最後の公演になると語り、その後は基本に戻って、デビュー作『ラングス』に続く作品の制作に取り掛かると明かした。

◆フローレンス・ウェルチ画像

8月18日に英国ロンドンのレスタースクエアで行なわれた『スコット・ピルグリム VS ザ・ワールド』のプレミア会場に登場した彼女はBANG Showbizに対し、「私たちは、全然派手にやったりしていないわ。大きいスタジオって嫌いなのよ。前作で一緒に仕事をしたイズィー・サマーズとまた、クリスタル・パレスにある小さいとこに戻ると思うわ。また鍋とフライパンを叩くでしょうね。何も変わっていないのよ。基本に戻って、一からやり直すわよ」と話した。

<Vフェスティバル>での公演では何かサプライズを計画しているかという質問に対してフローレンスは、「私はステージ計画には関わっていないのよ。<グラストンベリー>で私たちは新曲を2曲披露したから、たぶんその曲も入れると思うわ」と答えた。

フローレンスは先日、10月にレコーディングを開始する次回のアルバムでは、もっとギター演奏を入れたいと明かしている。

BANG Media International
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報