馬場俊英、新曲パフォーマンスをUstreamで

ツイート
馬場俊英が、新曲「私を必要としてくれる人がいます」を発表する。これは9月4日スタートのNHK土曜時代劇「桂ちづる診察日録」の主題歌として書き下ろしたもの。NHKの時代劇主題歌を担当するのはこれが初めてのことだ。

この曲は、“普段スポットライトの当たらない汗や涙を歌にしたい”というテーマの集大成とも言える作品という。ある友人からの“東京での生活に区切りをつけ故郷で自分を必要としている家族と暮らしている”という手紙を読んだ馬場俊英は、時代劇の主人公である、ちづるの“迷いながら新しい日々を歩き出し無償の愛で医療に当たる”という運命に思いをダブらせたという。感動の中でこの楽曲を完成させた馬場俊英は「東京での日々を思い出しながらも、自分にしかできないことを見出し健気に頑張る姿を歌にしたかった」と語っている。

そんな楽曲への思いを伝えるべく、馬場俊英の原点といえる場所で新曲を初披露することが決定した。その場所とは、当時メジャー契約が終了となりLIVEもなかなかできない状況にあった馬場が通い歌った都内の某居酒屋だ。マスターや常連客が馬場俊英の音楽を愛し、励ましてくれたからこそ自分の音楽を信じることができたというその場所で新曲を初披露し、その模様は8月29日(日)14時~Ustreamにて生中継配信も行なわれる。

今回はBABA HEADS+(ババヘッズプラス)会員から応募抽選により10名が招待される予定となっている。詳細はオフィシャルサイトにてご確認を。

「私を必要としてくれる人がいます」
2010年10月13日発売
WPCL-10870(初回生産限定盤/フォトエッセイ付)¥1,400(税込)
WPCL-10871(通常盤)1,200円(税込)
※NHK土曜時代劇「桂ちづる診察日録」主題歌
◆馬場俊英オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス