ロン・ウッド、豪華ゲストを迎えたソロ・アルバムをリリース

twitterツイート
ザ・ローリング・ストーンズのロン・ウッドが9月、2001年の『Not For Beginners』以来となる8枚目のソロ・アルバム『I Feel Like Playing』をリリースする。新作は、スラッシュ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリー、ZZトップのビリー・ギボンズなど豪華なゲストを迎えて制作されている。

◆ロン・ウッド画像

画家でもあるウッドらしく、アルバム・カヴァーも彼の手によるもの。「アートワークの色彩とパワーは、うねり自信にあふれたアルバムの音楽を反映している」という。

収録トラックは「Why'd You Wanna Do A Thing」「Sweetness」「Lucky Man」「I Gotta Go」「Thing About You」「How Am I Gonna Catch You」「Spoonful」「I Don’t Think So」「100%」「Fancy Pants」「Tell Me Something」「Forever」の12曲で、9月27日にリリースされる(英国発売)。現在、ウッドのサイト(Ronniewood.com)で「Thing About You」をストリーミング中。上記のミュージシャンのほか、フェイセズのバンド・メイトであるイアン・マクレガン、クリス・クリストファーソン、ボビー・ウーマックらも参加しているそうだ。

また、同サイトの<アート・コーナー>では、ウッドが描いたキース・リチャーズやスラッシュ、ジミ・ヘンドリックスのポートレートを見ることもができる。フェイセズのリユニオン、ソロ・アルバムのリリースと音楽活動に忙しいウッドだが、画家としても9月21日からオハイオの美術館The Butler Institute of America Artで個展を開くなど活躍中。

Ako Suzuki, London

『アイ・フィール・ライク・プレイング』参加ミュージシャン
スラッシュ(ギター/元ガンズ&ローゼズ)、フリー(ベース/レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)、ビリー・ギボンズ(ギター/ZZトップ)、イアン・マクラガン(キーボード/フェイセズ)、ワディー・ワクテル(ギター/ジェイムズ・テイラー、ジャクソン・ブラウン)、ダリル・ジョーンズ(ベース)、バーナード・ファウラー(ヴォーカル)、アイヴァン・ネヴィル(キーボード/ネヴィル・ブラザーズ)、ボビー・ウーマック(ヴォーカル)、クリス・クリトファーソン(ヴォーカル)、スティーヴ・フェローン(ドラムス/エリック・クラプトン、デュラン・デュラン、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ)、ジム・ケルトナー(ドラムス/ジョン・レノン、ボブ・ディラン、エリック・クラプトン)

『アイ・フィール・ライク・プレイング』
初回限定盤 SHM-CD仕様 VQCD-10200 2,800(tax in)
通常盤 VQCD-10201 ¥2,500(tax in)
1.Why You Wanna Go And Do A Thing Like That
2.Sweetness
3.Lucky Man
4.I Gotta See
5.Thing About You
6.Catch You
7.Spoonful
8.I Don’t Think So
9.100%
10.Fancy Pants
11.Tell Me Something
12.Forever
13.I Don't Think So(alternative version)*
14.Tell Me Something(alternative version)*
*日本盤限定ボーナス・トラック
※日本語解説付き

◆「シング・アバウト・ユー」試聴
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon