「ありがとう以上の言葉が見つからない」三浦大知、23歳のバースデー公演

ツイート
三浦大知が夏に不定期で開催しているワンマンライヴといえば<SUMMER SEMINAR>、通称“サマセミ”。2009年に引き続いての2010年は、8月22日が東京 SHIBUYA-AX、自身23歳の誕生日となる8月24日は、大阪 BIG CATにて開催された。言うまでもなく、両公演ともチケットは即日完売。もちろん会場は超満員となっていた。

◆三浦大知 画像&『The Answer』ミュージックビデオ

三浦大知は、構成から演出、そして振付まで、ライヴにおいては完全セルフプロデュース体制を取るという、日本の音楽シーンでは特に稀有なアーティスト。そして2010年の“サマセミ”も、これまでの彼のライヴ同様に、歌唱、構成、ダンスともにオーディエンスの想像を越えるものとなった。

波の音のSEに、ビーチを思わせるセット。今回のライヴで一貫していたのは、“夏”をテーマに“楽しさ”を存分に散りばめた内容だということ。

KREVAが“勝手にリミックス”をしたサマーチューン「Magic」のイントロがスタートし、三浦大知がダンサーを起こしてオープニング。まずは、「Hypnotized」「声をかさねて…」「Delete My Memories」など、アッパーダンスチューンの連続に圧倒される。

そして、中盤には自身が涙したという楽曲、山下達郎「僕らの夏の夢」のカヴァーをチェアーに座り、キーボーディストの演奏とともに歌い上げる。自身の大きな武器であるダンスではなく、歌声で。つまりこれは、ヴォーカリストとしての直球勝負。高いダンステクニックにスポットが当たりがちだが、歌声だけでもオーディエンスを感動させることができる。それが三浦大知だ。

そして彼のライヴに欠かせないダンスのみで構成される「ダンスナンバー」は、それぞれのジャンルのトップで活躍する個性あるダンサーをピックアップしたソロコーナーから、キーボードとDJの競演を挟んでのスタート。テーマは「夏の夢の中」。うとうとしていた三浦大知は夢の中へ…。踊っているダンサーに招き入れられ、HIP HOP、テクノなどをもちいたダンスのみで魅せる。そしてミステリアスな美しい女性ダンサーが登場し、クールなダンスでセクシーなペアダンスを披露。オーディエンスから漏れる感嘆の声。誘った女性が去ってしまい、夢から醒めると…なんとそこには、ダンサーがビーチで寝ているオープニングが。三浦大知自身のアイディアであろう、現実と夢とが交差するような練られた演出には、感心せずにはいられない。

そんな感動や驚きを目の当たりにしたオーディエンスに、「今踊っていたと思うけど、夢だった?」というジェスチャーで笑いを誘う三浦大知。こんなふうに彼は、クオリティー高いショウをさらりとやってのけてしまう。

「ダンスナンバー」の後は、再び歌のパフォーマンスへ。後半のダンスチューンのメドレーでは、マイケル・ジャクソンの「スリラー」を繋ぎにもちいて、ダンサーとともに“マイケルポーズ”を決めてから、自身の曲へ流れるという演出も。三浦大知がマイケルを敬愛していることを知っているファンにしてみれば、まったくもってこの流れはニクい展開。思わず笑顔になったはずだ。

なお、大阪公演では、KREVAをフィーチャリングしたヒットチューン「Your Love」時に、本人には内緒で、オーディエンスが一斉にサイリュームを振るという、三浦大知23歳のバースデーサプライズも。

「僕の誕生日なんていいのに。ありがとう以上の言葉が見つからない。本当にありがとうございます。これからも音楽で感謝を返して行きたい。」── 三浦大知

「僕の誕生日なんていいのに。」「ありがとう以上の言葉が見つからない」という、彼のその素直な言葉に胸を打たれたファンも多かったことだろう。もちろん三浦大知自身、多くのファンとともにライヴで誕生日を迎えられ、感激もひとしおであったようだ。

8月18日には、自身9枚目となるシングル「The Answer」をリリース。作品を出すたびに、ライヴを重ねるたびに、新たな挑戦と、そして想像を絶する努力を重ねてストイックに成長・進化し続ける三浦大知。Twitter界隈でも“彼こそが本物”というつぶやきが、ファンだけでなく、同じフィールドで活躍するアーティストたちからも出ているのは紛れもない事実だ。そんな彼の23歳の1年は、一体どんなエンターテインメント・ショウで我々を魅了してくれるのだろうか。

なお、三浦大知は、2010年秋から冬にかけて全国10カ所のツアーも決定している。

<DAICHI MIURA LIVE TOUR 2010>
10月31日 横浜BLITZ
11月13日 大阪なんばHatch
11月20日 福岡 DRUM LOGOS
11月21日 名古屋 Electric Lady Land
11月23日 広島 CLUB QUATTRO
11月27日 新潟 NIIGATA LOTS
11月28日 金沢 EIGHT HALL
12月05日 東京 Zepp Tokyo


◆三浦大知 オフィシャルサイト
◆iTunes Store 三浦大知(※iTunesが開きます)
この記事をツイート

この記事の関連情報