アンジェラ・アキ、『MUSIC LTD.』9月のドキュメントパートに登場

ツイート
9月8日にニューアルバム『LIFE』をリリースするアンジェラ・アキが、9月の「MUSIC LTD.」Documentパートに登場する。

『MUSIC LTD.』は、WOWOWが無料放送している音楽番組。若手アーティストのLIVE(L)、最新の音楽情報を紹介するTOPIC(T)、毎月1組のアーティストにスポットを当てるDOCUMENT(D)の3つのパートで構成され、毎週金曜の夜21:30から放送されている。

◆アンジェラ・アキ『MUSIC LTD.』~画像~

アンジェラ・アキの最新アルバム『LIFE』は日本とアメリカの両国でレコーディングが行なわれたが、今回のDocumentでは、アメリカでのレコーディングの模様が届けられる。さらに、彼女が毎年行なっているツアー<MY KEYS>の故郷・徳島でのライブに密着する内容となっている。そのアンジェラ・アキのインタビューが届いている。これを紹介しておこう。

──今回のニュー・アルバムのタイトルである『LIFE』に込めたアンジェラさんの想いを教えてください。

アンジェラ・アキ:今年は私にとって、デビュー5周年という節目の年です。今年1年間は、集大成でありながらも、新たな旅立ちの年でもあると思っています。そんな想いを表すのに、一番相応しい言葉が“LIFE”だと思いました。

──アルバムのタイトル曲である「LIFE」はどんな曲ですか?

アンジェラ・アキ:“人生(LIFE)”は一言でいうと、“複雑”です。でも、改めて考えると、そこまで複雑ではないのかな…と思うことがありました。世間的に正しいと言われていることも、実はそんなこともなかったりしますよね。“正しい”ことと“間違っている”ことは、見方によって同じだったりします。それと一緒で“出会い”と“別れ”も、“別れ”に執着するのではなく、別れと出会いの間にある時間、出会いに向かっている時間を大切にするべきだと思いますね。

──今回のアルバムのレコーディングは、どちらで行なったのですか?

アンジェラ・アキ:今回のアルバムは、日本語詞と英語詞の曲を半分づつ収録しています。レコーディングも、日本語の曲は東京で。英語の曲は、曲を作り始めるところからアメリカで行いました。

──アルバムに収録されている「愛の季節」はどのような曲ですか?

アンジェラ・アキ:私は今まで、失恋や別れの曲を多く作っていました。しかし、別れを乗り越える内容の曲を作ったことがありませんでした。この曲では、恋人同士の1つの“愛”を、季節のサイクルに例えています。あるカップルが、別れを感じてからもそれを乗り越えて、もう一度春を迎えた時、2人は前よりも強い絆になるのではないかと思い、この曲を作りました。今まで失恋の曲ばかり歌っていた私が、こんな曲を書けるようになったのは、私自身が大人になったからですかね(笑)。私は基本的に、自分と向き合う内容の曲を作り続けています。それは、自分と向き合うことが私にとっての成長だからです。それと同じで、自分とだけではなく、相手ともきちんと向き合うことが大切で、自分の成長にも繋がるということを強く感じてたので、この曲が出来たのでしょう。

──「輝く人」では、初めてギターを弾いていらっしゃいますよね? 何故ギターを手に取ろうと思ったのですか?

アンジェラ・アキ:私は18歳の時にシンガーソングライターになろうと決意しました。それからデビューまで500曲くらい曲を書き溜めていたんですが、半分がギターで作った曲だったんです。「輝く人」は、デビュー5周年の最初のシングルだったので、自分の原点に戻ろう! と思い、あえてもう一度新たにギターに挑戦するという意味も含めて、この曲を昔作ったままの形で完成させました。

──デビュー当時と今とで何か変わったことはありますか?

アンジェラ・アキ:一番はライブに来てくれるお客様の数ですね。桁が幾つも増えました(笑)。私はデビューまで10年という長い月日を過ごしていて、10年前のライブには、10・20人しか観客がいませんでした…。

──アンジェラさん自身は昔と変わっていらっしゃいませんか?

アンジェラ・アキ:20人しかお客様がいないと、ライブ中はお客様全員と目が合うので、1人1人に向かってライブを行っていました。その時に、1対1でお客様それぞれと向き合う大切さを実感していたので、今15,000人のお客様の前でも当時と変わらず1対1の感覚でライブを行っていますし、その時の気持ちを忘れずに大切にしています。その気持ちを大切にしています。

──アンジェラさんにとってライブとは?

アンジェラ・アキ:ライブとは、まさに“LIFE”です! 私は、ライブをするために曲を作っています。作品として自分の曲を残すことは大切ですが、作った曲をライブで育ててあげることが大切なんだと思いますね。曲は、私だけでなく皆さんが歌ってくださって、さらに大きく育っていくものだと思います。

──アンジェラさんはデビューまで、どんな活動をしていらっしゃいましたか?

アンジェラ・アキ:2002年から4年間は都内のライブハウスで歌わせていただいていました。なかでも、渋谷の7th floorというライブハウスはすごく印象に残っていますね。音響もちゃんとしている素晴らしいライブハウスです。当時、私は弾き語りを極めていて、ピアノ1つでやらせていただいたライブハウスだったので。1人で演奏することの大変さを毎日感じていました。この時の想いが、武道館での弾き語りコンサートに結びつきました。

──アンジェラさんはライブ<MY KEYS>に、どんな想いを込めていますか?

アンジェラ・アキ:「MY KEYS」は、2006年に初めて行った、ピアノ1台と私1人で行う弾き語り形式のライブのことです。最初は、2006年の一度きりだけだと思っていました。実は、日本武道館でピアノの弾き語りだけでのコンサート行われることは、<MY KEYS>が初めてだということをライブ直前に知りました。それを知った時に、すごく緊張しましたね。翌年に<MY KEYS>をもう1度行えると決まって驚きましたが、気づいたらもう4年目になっているんですね…。<MY KEYS>が定着して、私の1つのライブの形になっています。そんな<MY KEYS>が日本武道館でスタート出来たということが、とても嬉しいですね。

──今年、アンジェラさんの故郷である徳島で<MY KEYS>を行なったのは何故ですか?

アンジェラ・アキ:デビュー5周年の最初のライブなので、私の原点である徳島でやりたいと思いましたね。MY KEYSは今まですごく大きな会場で行っていた、とても豪華なライブです。私がいつも徳島でライブ行っている会場は、それに比べて小さかったので、四国で一番大きな会場で行うことにしました。四国は東京に比べて人口も少ないので、こんなに大人数が私のライブに集まってくれるのかな…と心配でしたが、皆さんライブを楽しみに待っていてくださっていることを実感しとても嬉しく思っているので、今から気合が入っています!

──今のアンジェラさんが目標としていることはありますか?

アンジェラ・アキ:グラミー賞を受賞すること! それと、ニューヨークにあるカーネギー・ホールでの弾き語りライブですね!これから、夢を叶えるために、さらに頑張っていきたいですね。

『MUSIC LTD.』9/3(金)、9/10(金)、9/17(金)、9/24(金)よる9:30

◆アンジェラ・アキ オフィシャルサイト
◆『MUSIC LTD.』オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報