<DOCOMO CONCERT×J-WAVE GROW GREEN PROJECT>、楽しくエコマインドをシェア

ツイート
2010年9月4日(土)12:00より、六本木ヒルズアリーナにてJ-WAVEとDOCOMOが共催する<DOCOMO CONCERT×J-WAVE GROW GREEN PROJECT>が開催、6回目となる今回は、持田香織、星野源、JULEPSが出演となった。

▲JULEPS
▲星野源
▲持田香織
◆<DOCOMO CONCERT×J-WAVE GROW GREEN PROJECT>画像

トップバッターはJULEPS。テレビでも放送され話題になったデビュー曲「旅立つ日」や、“グリーンなイベント”にちなんでカバーした、GReeeeNの「愛歌」など5曲を披露。MCでは、ケータイリサイクルに参加することや異常気象と言われるこの夏でもエアコンを使っていないことなど、JULEPSメンバーのエコへの取り組みも披露した。

続いて登場したのは星野源。6月に発売された1stソロアルバム『ばかのうた』に収録された曲の中から6曲を披露。このアルバムのキャンペーンやMHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の撮影、サマソニへの出演など、この夏は忙しい生活を送っていたことを告白。また会場のケータリングカーで販売されていたゴーヤ料理にちなんで、かつて沖縄料理店でアルバイトをしていたことなども紹介し、会場を盛り上げた。

涼しい風が吹き始めた中、“グリーン”なコンサートに相応しく、黄緑色のワンピース姿で登場した持田香織は、8月25日発売のソロ2ndアルバム『NIU』収録曲の中から「green」など5曲を披露した。

持田香織のやわらかい歌声に満員の会場はしっとりムード。途中、持田が『NIU』(母乳の“乳”をイメージ)にちなんで、親子のコミュニケーションについて語っていると、どこからか赤ちゃんの泣き声が。これにも持田は「いやになっちゃった?」と優しく語りかけるなど、会場は終始、穏やかな雰囲気に包まれていた。

また今回の<DOCOMO CONCERT×J-WAVE GROW GREEN PROJECT>は、初の試みとして、「グリーンな体験」ができるカフェやワークショップなども用意され、「エコマインドを多角的に楽しむイベント」として実施。ゴーヤを使った“揚げピッツァ”が楽しめる「トラットリア・ピッツェリア ナプレ」のキッチンカーや植物やガーデングッズなどを販売するIDEE MARKET、いらなくなったTシャツにその場でGROW GREENロゴをプリントするBEAMS Tブースが出店。フードコーディネーターのwatoも料理ワークショップやゴーや料理の販売に参加。

NTTドコモも、不要になった携帯電話を回収するケータイリサイクルブースを設置し、ドコモダケグッズを用意。当日のイベント1日だけで、186台もの携帯を回収することができた。

この1日を通じて、のべ5,000人のオーディエンスが来場し、みんなで楽しくエコマインドをシェアする、素晴らしいイベントとなった。

<DOCOMO CONCERT×J-WAVE GROW GREEN PROJECT>
JULEPS
1.Hid Love
2.旅立つ日
3.愛唄
4.あなたの言葉
5.ずっと仲間

星野源
1.(未発表曲)
2.ばらばら
3.キッチン
4.グー
5.老夫婦
6.ひらめき
7.くせのうた

持田香織
1.Bolero
2.weather
3.静かな夜
4.Pocket
5.green

◆NTTドコモコンサート・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報