8月27日、渋谷のライブハウスHomeで行なわれたマリアのライブ。東京では、少し久しぶり。

◆マリア・ライブ画像

ギターを抱えて、弾き語りに近い状態で歌う彼女。声に安定感があって、安心して聴ける。というのも、彼女は劇団四季の舞台「ライオンキング」に子役としてステージに立っていた経験があるからだ。舞台の経験は、声を強くすると思っている。毎日行なわれる舞台。求められる声の力は相当なものだ。

切ない恋愛を歌った「忘れたくなくて」や「ありがとう…ごめんね。」。そして、自分のホンネを歌ったような「Crazy For You」。短い時間の中で、いろんな顔を見せる。

MCでは、素の彼女を見るよう。

そして、子どもの頃から音楽が身近にある環境に育った彼女は、洋楽のカバーも似合う。初めて挑戦したというカバー曲は「Sweeet Child O'Mine」(ガンズ・アンド・ローゼズ)。ギターを買って最初に弾き語りをした思い入れのある曲だそう。

ラストは、恋の歌。今、彼女は切ない恋をしているのかもしれない。恋の歌が響く。もしかしたら、今はまだ何かを模索しているのかもしれない。でも、目的が明確になった時、大きな花が咲く。そんな可能性を感じるライブだった。

8月27日@渋谷Home
1.忘れたくなくて
2.ありがとう…ごめんね。
3.Crazy For You
4.Sweeet Child O'Mine(カバー)
5.終われない夏

◆マリア・オフィシャルサイト

[寄稿] 伊藤 緑:http://www.midoriito.jp/