川島海荷と中村蒼のラブシーンも。ドラマ『世界の終わりに咲く花』配信決定

ツイート

携帯専用放送局BeeTVが、川島海荷(9nine)と中村蒼がダブル主演を務める新ドラマ『世界の終わりに咲く花』を9月20日から配信することが決定した。

◆川島海荷と中村蒼画像@『世界の終わりに咲く花』、ドS発言やラブシーンにも言及したインタビュー

このドラマは、幼い頃から腎臓病を患い、移植手術を待ち続けている咲希(川島)と太陽(中村)が、自然と互いに惹かれあい、いつしか儚くも淡い恋に落ちる姿を描くという純愛ラブストーリー。ドラマの配信を前に、その感動のストーリーが話題となり、すでにノベライズ小説(9月18日発売 / リンダパブリッシャーズ)の出版、さらにBeeTVドラマ初となる漫画化(講談社『THE デザート』1月号)も決定している。

主演を務める川島海荷と中村蒼は、CMでの共演(「カルピスウォーター」2009年)はあるものの、ドラマ共演は初めて。川島は、この夏に公開された『私の優しくない先輩』(公開中)でコメディーに初挑戦するなど、役者としてのさらなる可能性を証明。中村も、話題作『BECK』(公開中)への出演、そしてこの秋公開の『大奥』(10月1日公開)への出演も決まっているなど、今、最も注目の集まる若手実力派俳優の共演は、本作の見どころのひとつだ。

主題歌は、メジャーデビュー後から注目を集めているイケメンふたり組ユニット、Honey L Daysの「answer」に決定。 感動のドラマに響く切ないメロディーが一層心に沁み入る。また、脇を固める、羽田美智子、佐野史郎といったベテラン俳優も、確かな演技で主演のふたりをバックアップする。

なお、ドラマについてのインタビューでは、川島が中村について「結構ドS」と撮影中のエピソードを暴露。また、そんな中村とのラブシーンについて、川島は、「蒼くんが年上なので、リードしてくれました! 感動のシーンになっていると思います!」とコメントしている。

◆BeeTV
この記事をツイート

この記事の関連情報