「INORI~祈り~」で話題のクミコ、アニメ映画『リサとガスパール』を唄う

twitterツイート

「INORI~祈り~」が各方面で話題の歌手・クミコが、9月11日公開のフランス・アニメ映画『リサとガスパール‐とびきりキュートなパリの住人‐』のエンディングテーマ「シャララ」を歌うことが決定した。

◆映画『リサとガスパール‐とびきりキュートなパリの住人‐』予告編映像

同映画は、1999年にフランスで生まれた絵本シリーズが原作で、日本では2000年に発売開始。イヌでもウサギでもない不思議でキュートなキャラクターとお茶目なストーリーが、20~30代の女性や子供の間で人気となり、シリーズの累計発行部数は現在までに200万部を超えている。

その『リサとガスパール』が、今秋、初めてアニメーション化されることになり、同絵本がフランスの作品ということから、シャンソン歌手でもあるクミコにエンディングテーマの白羽の矢が立ったのだ。またクミコも、USENリクエストチャート1位を獲得するなど話題の楽曲「INORI~祈り~」が「原爆の子の像」のモデル佐々木禎子さんを歌っていることもあり、「子供達に広くメッセージを伝えるこの作品の力になれるなら」と依頼を快諾した。

映画『リサとガスパール‐とびきりキュートなパリの住人‐』は9月11日から全国で公開され、クミコが歌う「シャララ」も9月15日からレコチョク、mu-moなどで配信限定リリースされる。

「アニメソングを唄うのは初めてです。とまどいもありました。でも『リサとガスパール』はフランス生まれです。いかにもフランスぽい洒脱さがあります。それに私シャンソン歌手でもありました。これはぜひとも唄いたいなあと思いました。ここのところ“涙”の歌が多い私ですが、くすっと笑ってしまう歌も大好きです。“涙”も“笑い”もココロが動いてこそ。今ここに一緒に生きてるね、そんな思いを込めました。さてさていかがでしょう。」── クミコ


◆クミコ オフィシャルサイト
◆『リサとガスパール-とびきりキュートなパリの住人-』 オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス