Dirty Old Men、力強く前に進む『somewhere』リリースインタビュー<後編>

twitterツイート

ネクストブレイク・バンドの筆頭に挙げられ、熱い視線を浴びているDirty Old Menがミニアルバム『somewhere』を9月15日にリリース。「前に進もう」という意味を込めたタイトルを持つ今作は、5曲の中で「喜怒哀楽」全ての感情の物語が展開される作品になっている。彼らの肉声を聞くべく敢行したインタビューの後編を紹介しよう。

――音楽は空気で見えないものだから、何かを伝えるには、例えリスナーに見えていないレコーディングの現場でも、手を抜かずに熱いパフォーマンスで表現したいという気持ちの現れですね。全裸になったっていうのは。

高津戸:そうです!

野瀧:それで、聴いた人が楽しいなって思ってもらえたら成功!

高津戸:そうだよね。

山下:えっ? この話はこの流れで良いの? 後悔しない?

高津戸&野瀧:大丈夫!

――野瀧くんは、全裸でドラムを叩いたの?

野瀧:いや、ドラムを叩いた時はちゃんと服を着て。演奏はかなりシビアにやるんですよ。

高津戸:最後にガヤを入れるときに楽しい雰囲気を出したくてやったんですよ。

山下:二人だけが全裸なのに、まったく違和感なかった。自然体なんですよね、二人とも。

――なるほど。曲にまつわるドラマですよね。バンドだからこそ出来るヤンチャだと思うんですよ。誰が欠けてもこの音にはならないのがバンドの魅力だったっりするから、その上で、バンド内の人間関係がこうやって楽しい音になっているっていうことで。

高津戸:そうですね。曲を作って持って行くときはコードだけ持っていくんですけど、4人でやっていくうちにどんどんいい曲になっていきますからね。

野瀧:バンドマジックのようなところってありますよね。「残した君の夕影」なんかは、もうちょっと暗いイメージの曲に仕上がるのかなって思ってたら、合わせてみたら感情的な感じになりましたしね。「心の傘」は思ったよりラウドになった。もうちょっとミディアムな感じになったらガツガツな感じっていうか。

山田:「蛍火」なんかは、プリプロとレコーディングの間が空いてたんですけど、レコーディングの一日前に構成がガラリと変わったんです。そういう柔軟なこともバンドならではですよね。そこに4人がいないとすぐには出来ないことだから。

山下:基本、曲はノブ(高津戸)が持って来たものを、自分なりにイメージを考えてまたバンドに戻すじゃないですか。そのときにまた雰囲気が変わる面白さがありますよね。みんなのイメージと俺のイメージはまた違うわけで、一発で一致したら良いけど、一致しないものを試行錯誤したりするのが面白いです。今作で一番そういうのを感じたのは「泣いてもいいかな」なんですけどね。この曲は雰囲気作りが大事な曲なんですけど、歌詞の雰囲気が一番よくサウンドに出たんじゃないかなと。

――歌も立てたいドラマティックな曲ですもんね。

山下:そうなんですよ。だから、上からこんなギターを入れたらどうなるかなとか、すごい考えながら作りましたね。歌を立てるための楽器の音の押し引きのさじ加減が難しかった。

高津戸:イメージがなかなか一致しないときは辛いけど、そういう時間って、愛おしくも感じるんですよ。出来上がったときの達成感はバンドじゃないと感じられないのかもしれないですね。すんなりいく曲なんてあんまりないから。一人で考えるより、4人で考えたほうが自分の頭の中にはないものが出来る。スゲェ良くなったじゃん! って思う瞬間は、バンドやってて良かったなって思いますね。

――バンドの状態が良いんだろうなっていうのも伝わって来る一枚になりましたね。

高津戸:バンドはホントに前を向いた良い状態ですよ。『somewhere』は、ここからフルアルバムに繋がっていく勝負作。秋はこの作品を持って、たくさんライヴもやるんで、今度は直接伝えたいですよね。

山下:一番近くでリスナーと触れ合える場所だから、僕らはライヴが大好きなんです。たくさんの人とライヴ会場で会えるのが今から楽しみですね。

取材・文●大橋美貴子


『somewhere』
UMCK-1368 \1,500(tax in)
2010年9月15日発売
1.蛍火
2.心の傘
3.泣いてもいいかな
4.残した君の夕影
5.MY HERO

<Dirty Old Men 2010 somewhere Tour☆>
10月22日(金)千葉LOOK
共演:SPANK PAGE and more
[問]ディスクガレージ 03-5436-9600
10月23日(土)横浜BAYSIS
共演:Over The Dogs and more
[問]ディスクガレージ 03-5436-9600
10月24日(日)水戸LIGHT HOUSE
共演:SPANKPAGE and more
[問]ディスクガレージ 03-5436-9600
10月29日(金)HEAVEN'S ROCKさいたま新都心
共演:OCEANLANE and more
[問]ディスクガレージ 03-5436-9600
10月30日(土)HEAVEN'S ROCK宇都宮
共演:カフカ/FoZZtone
[問]ディスクガレージ 03-5436-9600
11月3日(水・祝)清水JAM JAM JAM
共演:OCEANLANE and more
[問]サンデーフォークプロモーション静岡 054-284-9999
11月5日(金)名古屋ell FIT'S ALL
共演:カフカ/serial TV drama
[問]サンデーフォークプロモーション名古屋 052-320-9100
11月6日(土)松阪MAXA
共演:Jeepta and more
[問]サンデーフォークプロモーション名古屋 052-320-9100
11月7日(日)岡山PEPPER LAND
共演:Jeepta/SPANK PAGE
[問]キャンディープロモーション岡山 086-221-8151
11月9日(火)高松DIME
共演:Jeepta/SPANK PAGE
[問]DUKE高松 087-822-2520
11月12日(金)札幌BESSIE HALL
共演:OCEANLANE(HAJIME/KAYアコースティックver.) and more
[問]マウントアライブ 011-211-5600
11月13日(土)恵比寿LIQUIDROOM
共演:後日発表 お楽しみに!!
[問]ディスクガレージ 03-5436-9600
11月17日(水)郡山CLUB #9
共演:OCEANLANE/SPANK PAGE
[問]ニュース・プロモーション 022-266-7555
11月18日(木)長野CLUB JUNK BOX
共演:OCEANLANE/SPANK PAGE
[問]FOB新潟 025-229-5000
11月20日(土)金沢VanVan V4
共演:Jeepta/FoZZtone
[問]FOB金沢 076-232-2424
11月21日(日)新潟CLUB JUNK BOX mini
共演:Jeepta/FoZZtone
[問]FOB新潟 025-229-5000
11月23日(火・祝)仙台hook
共演:OCEANLANE/Jeepta
[問]ニュース・プロモーション 022-266-7555
11月25日(木)梅田Shangri-La
共演:ghostnote/serial TV drama
[問]清水音泉 06-6357-3666
11月27日(土)KYOTO MUSE
共演:カフカ/serial TV drama
[問]清水音泉 06-6357-3666
11月28日(日)神戸 太陽と虎
共演:カフカ/serial TV drama
[問]清水音泉 06-6357-3666
12月1日(水)長崎DRUM Be-7
共演:SPANK PAGE and more
[問]キョードー西日本 092-714-0159
12月2日(木)熊本DRUM Be-9 V-2
共演:SPANK PAGE and more
[問]キョードー西日本 092-714-0159
12月3日(金)福岡DRUM SON
共演:OCEANLANE/SPANK PAGE
[問]キョードー西日本 092-714-0159
12月5日(日)広島CAVE-BE
共演:Jeepta/SPANK PAGE
[問]キャンディープロモーション広島 082-249-8334

<HELLO DOLLY 11th ANNIVERSARY>
9月13日(月)宇都宮HELLO DOLLY
W/ soulkids/秀吉/A little risky
[問]宇都宮HELLO DOLLY 028-635-7182

<B-PASS創刊25周年記念「B-PASS 25th Fes」>
9月21日(火)SHIBUYA-BOXX

<banbi presents「sumika familia 2010」>
10月16日(土)川崎 Club CITTA
W:banbi /FUNKIST/ザ・キャプテンズ/Boobie Trap/chaqq/THE LOCAL ART/ソライアオ
[問]HOT STUFF 03-5720-9999

◆Dirty Old Men オフィシャルサイト
◆Dirty Old Menからのメッセージ映像
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス