ウィーザー、『ハーリー』ジャケットはプライベートな記念写真だった

twitterツイート

米テレビ・ドラマ「ロスト」のハーリー役ホルゲ・ガルシアの顔写真がドカンと大インパクトのウィーザーのニュー・アルバム『ハーリー』だが、このジャケット写真、実はリヴァース(Vo、G)との2ショット写真だったことが明かされた。

◆ウィーザー『ハーリー』画像

「あるテレビ番組でホルゲが楽屋に入っていくのを見たんだ。ここ、ロサンゼルスでね。ツアー中はライヴの後、いつも妻と一緒にツアー・バスの中で見ていたっていうくらい、僕はこのテレビ・ドラマ「ロスト」が大好きで、だから、彼と一緒に記念写真を撮らせてもらったんだよ。で、その写真をよくよく見てみると、彼の表情がなんとも素晴らしいんだ。愛と優しさに溢れていてさ。で、アルバムのジャケットにしたらいいんじゃないかって思ったんだ。彼の顔に思いきりズームインして、僕を切り取ってさ。僕の姿はアートワークではどこにも見えないよ。でも、凄くインパクトのあるジャケットだよね。」──リヴァース

単なる記念写真をまさかのジャケット化である。いかにもウィーザーらしい取り組みだ。

「ウィーザーの本当に激しくて生々しい感情の一面を見せることが、みんなを最高にハッピーするだろうと思ったんだ」とリヴァースが語る今作『ハーリー』。収録曲の中でも「最も感情が表れている」というアップテンポな1stシングル「メモリーズ」こそリヴァース個人の作曲によるものだが、通常盤に収録される10曲中8曲が豪華作家陣とのコラボレーション楽曲になっている。

デスモンド・チャイルド(track-3「トレインレックス」)や、リック・ノウェルズ(track-7「ハング・オン」)といった大御所ソングライターから、ノー・ダウトのトニー・カナル(B)(track-8「スマート・ガールズ」)やライアン・アダムス(track-6「ランナウェイ」)、はたまたカントリー・シンガーのマック・デイヴィス(track-10「タイム・フライズ」)まで個性豊かなラインナップは、そのまま今作の多彩で豊かな作風へと反映されている。

そして一貫して貫かれているのは、ウィーザー節全開のメロディーの秀逸さだ。日本盤はボーナス・トラックが追加収録され10月27日に発売(予定)となる。「カレンダー付携帯FLASH待受」の全員プレゼントや、抽選50名「WEEZER×HURLEYダブルネームTシャツ(限定カラー)」が応募できるスペシャルIDナンバーが初回盤に封入される予定だ。

『ハーリー』
日本2010年10月27日発売(米9/14発売)
1.メモリーズ
2.ルーリング・ミー
3.トレインレックス
4.アンスポークン
5.ホエア・イズ・マイ・セックス?
6.ランナウェイ
7.ハング・オン
8. スマート・ガールズ
9ブレイヴ・ニュー・ワールド
10.タイム・フライズ
※デラックス盤は、このほかに4曲追加収録
※日本盤はデラックス盤(14曲)に加え、ボーナス・トラック収録予定
※携帯から応募できるスペシャルIDナンバー入り(日本盤初回のみ)
・カレンダー付WEEZER携帯FLASH待受全員プレゼント
・WEEZER×HURLEYダブル・ネームTシャツ(限定カラー)抽選で50名様

◆ウィーザー・オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon