レディー・ガガ、いきなり2つの記録でギネス・デビュー

twitterツイート
「ミート・ドレスの作り方」のニュースでも触れたところだが、デビュー以来、エンターテインメント界の話題を独占してきたレディー・ガガが、いきなり2つのギネス記録を樹立し、2011年度版のギネスブック(Guinness World Records)に掲載されることになった。

ひとつは「2009年、最も検索された女性」という記録だ。楽曲/アルバムの大ヒットはもとより、そのチャーミングな言動と圧倒的なパフォーマンス、そして庶民の感覚ではありえない角度から攻めてくるショッキングな衣装は、世界中の老若男女から圧倒的な注目を集め続けてきたところ。その質・量ともに、レディー・ガガならではの記録と言えるものだ。

そしてもうひとつは「1つのアルバムからのシングルが最も長くチャートにランクインしたアーティスト」という記録。デビュー・アルバム『ザ・フェイム』からのシングルがUKのシングル・チャート(Top75)に合計154週にわたってランクインしており、この3年という期間はオアシスの「(What's The Story) Morning Glory?」の134週をついに打ち破ったのだ。

そんなレディー・ガガ、ツイッターのフォロワー数はすでに630万人という前人未到の域に達して、もはや宇宙の彼方。いきなり2つの記録でギネス・デビューとなった彼女だが、「2つの記録でギネス・デビュー」という記録、これはギネスじゃないのでしょうか。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報