X JAPAN、攻撃力のあるハードナンバーで北米をノックアウト

ツイート

X JAPANが9月25日(日本時間26日)、米ロサンゼルスにあるウイルターンシアターで公演を行ない、7ヵ所7公演で約2万人を動員する北米ツアーをスタートさせた。

◆X JAPAN 全米ツアー@ロサンゼルス・ウイルターンシアター(2010年9月25日)画像

ステージでは未発売の新曲「Born to be free」「Jade」のほか、YOSHIKIのドラムソロ、ピアノソロ、SUGIZOのバイオリンソロなど盛りだくさんの内容で全13曲を披露。「ENDLESS RAIN」「紅」では集まった米国内外のファンが合唱する姿に感動したリーダーのYOSHIKIが客席に飛び込み、米国ツアーが幕開けたよろこびをファンとともにかみしめた。

約18年前に掲げた米国進出。東京ドーム、日産スタジアムなど数万人規模のライブを行なうモンスターバンドだが、現地では新人に等しい。しかし8月にシカゴで出演した野外音楽フェスティバル<ロラパルーザ>の熱狂が、現地紙「シカゴサンタイムズ」「ロサンゼルスタイムズ」、報道番組「ABCニュース」など40以上のメディアに取り上げられたことで知名度が上昇。会場には日本から駆けつけた熱狂的なファンも見受けられたが、会場のほとんどは現地オーディエンスで埋め尽くされ、完売した2300枚のチケットを購入できなかったファンが会場外を囲んだ。

ツアーは「1998年に死去したHIDEとともに回りたい」というメンバーの思いから、HIDEの遺族に映像の使用許可を取りライブで使用する予定だった。しかし、コンサート前日、HIDEの事務所から「HIDEの映像を使用しないでほしい」という内容の通知が届いたため、今回は6人での公演はかなわなかった。

急遽HIDEの参加楽曲がセットリストから外されHIDEの参加はなくなったものの、新曲「Born to be free」を始め「JADE」「Art of Life」などハードな曲で畳み掛け、バラードは「Endless Rain」のみという構成は、今までのライブで最大の盛り上がりを生み出すことに成功。メンバーは「遂に念願の北米ツアー第1弾が成功した!信じられない位、ライブが盛り上がって本当にうれしい!心の中でHIDEと一緒に演奏していた」と感動とその喜びを素直に表わした。

次の公演は28日(日本時間29日)にオークランド「フォクスシアター」で開催。HIDEの映像使用については未定ではあるが、演奏曲目が何であれ、X JAPANは永遠の6人でステージに立っている。天国からHIDEも成功を喜んでいる。はにかんだ笑顔で一歩ずつ前進するYOSHIKIを褒めねぎらっているに違いない。

<X JAPAN 北米ツアー>
2010年9月25日@ウイルターンシアター
1.JADE
2.Rusty Nail
3.Silent Jealousy
4.Drain
5.Violin Solo
6.Piano Soli
7.紅
8.Born to be free
9.Drum Solo
10.I.V.
11.X
アンコール
12.Endless Rain
13.Art of Life

<X JAPAN 北米ツアー>
Tue. Sep. 28, 2010
Fox Theatre, Oakland, CA(2,800)
http://www.ticketmaster.com/event/1C00450CF12C80FA
Fri. Oct. 1, 2010
Paramount Theatre, Seattle, WA(2,707)
http://purchase.tickets.com/buy/TicketPurchase?pid=6835834
Sun. Oct. 3, 2010
Queen Elizabeth Theatre, Vancouver, BC(2,504)
http://www.ticketmaster.ca/event/1100450CE53ACB31
Wed. Oct. 6, 2010
Riviera, Chicago, IL(2,500)
http://event.etix.com/ticket/online/frontDoor.jsp?performance_id=13074
31&cobrand=jamusa
Thu. Oct. 7, 2010
Massey Hall, Toronto, ON(2,528)
http://www.ticketmaster.ca/event/10004510C7209FF5?artistid=723909&majo
rcatid=10001&minorcatid=1
Sun. Oct. 10, 2010
Roseland, New York, NY(3,425)
http://www.ticketmaster.ca/event/0000450DE0427F69?artistid=1482918&maj
orcatid=10001&minorcatid=1
※上記( )内はキャパシティ

文:西村綾乃/BARKS

◆X JAPANオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス