アイワーボ、待望の初来日はFACTに帯同

ツイート
2009年に1stアルバム『IT’S ALL HAPPENING』をリリースし、その強烈なサウンドとキャラクターで沸騰となったIWABO(アイワーボ)ことIWRESTLEDABEARONCEが、FACTのジャパン・ツアーに帯同する形で初来日することが発表となった。

◆「See You In Shell」PV映像

IWRESTLEDABEARONCE(アイレッスルドアベアーワンス、略してIWABO、アイワーボ)は、LAのシュリーブポートにて2007年に結成された5人組。とでも女性の声とは思えないブルータルなスクリームを放つKrysta Cameronをヴォーカリストに据えたエクスペリメンタル・メタル・バンドであるが、ジャズやエレクトロ、ダンス・ミュージックに、デスメタル、グラインドの要素をグチャグチャに混ぜ、ザ・ディリンジャー・エスケイプ・プランやレディオヘッド、ビョークまでをもぐちゃっと掛け合わせたようなそのサウンドは、聴く者に大きな衝撃を与えた。

やがて世界最大級のメタル/ハードコア・レーベルCENTURY MEDIA RECORDSと契約を交わした彼らは、ロス・ロビンソン(SLIPKNOT、AT THE DRIVE-IN)プロデュースのもと、デビュー・フル・アルバム『IT'S ALL HAPPENING』を完成させ、ツアーに明け暮れる。この時点でFACTと、本国アメリカでツアーを共にし親交を深めていたのだ。

奇々怪々なサウンドは度重なるライヴを連ね、ツアーで鍛えられ強靭極まりないものとなった。

本作『IWRESTLEDABEARONCE』は『IT'S ALL HAPPENING』以前の作品である6曲入りデビューEPだ。キャッチコピーが、「アタシ一度熊とレスリングしたことあるけど」という意味不明なものだが、このキャッチがいたくぴったりとフィットするあたりが、アイワーボのサウンドの凄さというところか。この頃はまだドラマーのいない編成でドラムは打ち込みでレコーディングされているものの、フル・アルバム発売前に話題沸騰だったアイワーボの初期衝動がたっぷりと味わうことができるだろう。

そして2010年11月末。アメリカ・ツアーを一緒に回った盟友FACTの呼びかけにより、待望の初来日が決定。強烈であると同時にどこかポップなステージ・パフォーマンスが日本のファンに衝撃を与える日も、もうまもなくだ。


<FACT JAPAN TOUR 2010 AUTUMN>
出演:FACT、CLOSURE IN MOSCOW、IWRESTLEDABEARONCE
11月26日(金)東京/ZEPP TOKYO
11月28日(日)福島/HOT SHOT JAPAN
11月30日(火)愛媛/SALONKITTY
12月1日(水)香川/DIME
12月3日(金)広島/CLUB QUATTRO
12月4日(土)岡山/IMAGE
12月7日(火)大阪/BIG CAT

◆アイワーボ・マイスペース
この記事をツイート

この記事の関連情報