サンタナ、ザ・ローリング・ストーンズに続く快挙達成

twitterツイート
カルロス・サンタナの5年振りのニュー・アルバム『ギター・ヘヴン~グレイテスト・ロック・クラシックス~』が現在世界中でブレイク中だ。9月22日の発売と同時に世界中のチャートを席巻しており、現在11カ国で初登場TOP5入り(13カ国でTOP10)を記録している。ここ日本でも洋楽チャートで初登場5位、地元アメリカでも初登場5位をマークしている。

◆サンタナ画像

そんなサンタナだが、今回の作品でさりげなくも素晴らしい記録を樹立していたことが分かった。米ビルボード誌のアルバム・チャートで1960年代から2010年代の各年代全てにおいてアルバムTOP10入り作品を持つアーティストというのは、これまでザ・ローリング・ストーンズのみだったが、今回サンタナが史上2番目に達成という快挙となったのだ。サンタナにとって『ギター・ヘヴン~グレイテスト・ロック・クラシックス~』は通算12枚目の全米初登場TOP10入りアルバムである。

本作品はギターロックの名曲を集めたサンタナ初のカヴァー・アルバム。そうそうたるボーカリストが集い、まさかの曲をサンタナが弾きまさかの歌をかのシンガーが歌う、ロック好きにはたまらない作品だ。だって誰が想像できただろうか…サンタナが「胸いっぱいの愛を」や「スモーク・オン・ザ・ウォーター」を弾くだなんて。

「胸いっぱいの愛を/レッド・ツェッペリン」「サンシャイン・オブ・ユア・ラヴ/クリーム」「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィ―プス/ザ・ビートルズ」「スモーク・オン・ザ・ウォーター/ディープ・パープル」「リトル・ウィング/ジミ・ヘンドリックス」…そんな楽曲をサンタナがカバーし、ヴォーカルにはチェスター・ベニントン(リンキン・パーク)、ロブ・トーマス(マッチボックス・トゥエンティ)、クリス・コーネル(サウンドガーデン)、ジョー・コッカー、インディア・アリーなど世界的な人気シンガーが多数参加。日本盤にはサンタナ史上初となる日本人アーティストをヴォーカルに迎えた「ラ・グランジ feat.浅井健一」が収録されていることも大きな話題だ。
『ギター・ヘヴン~グレイテスト・ロック・クラシックス~』
SICP- 2842 \2,520(incl.tax)
◆サンタナ・オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon