ピロカルピン、新メンバー加入後初となるシングルをリリース

twitterツイート
ピロカルピンのニューシングル「存在証明」が2010年11月3日(水)にリリースとなる。今作は前回のツアーの後、新ベーシストが加入、新たな布陣で音源制作を進めてきたものだ。

「存在証明」は初の全国ツアーとメンバーの交代という経験を経て、さらに成長した新生ピロカルピンの空気感が詰まったもの。まさに生まれ変わった彼らの存在を証明するかのごとく、自らの意思を作品に込めてのリリースとなる。

そもそもほぼ無名だった彼らが一躍注目を集めたのは2009年7月、タワーレコードとHMVにて別々のシングルを同時発売したことがきっかけだ。100円という赤字価格、2枚並べると完成する紙ジャケ、そして何よりも魅力的なその作品のクオリティで、商品は即完売。低迷すると言われるCDショップの店頭から、そのリスナーを増やしてきた。

今回のシングルもあえて100円という価格を貫き、タワーレコード、HMVで数量限定で発売となる。ビジネスとしてシングルを売るのではなく、あくまでアルバムに繋がる世界の一端を味わうことのできる招待状として100円でリリースする。アルバムへの期待を裏切らぬピロカルピンを代表する作品として「存在証明」は存在しているのだ。価格は手にとってもらいたいという気持ちの表われだ。

11月16日(火)にはレコ発イベント<片方のくつ下の行方>が開催となるが、「存在証明」のCD持参で特典が配布されるという。こちらのチェックもお忘れなく。11月14日(日)には<MINAMI WHEEL 2010>にて、unagidani sunsuiの最終日トリを務める。

◆ピロカルピン・オフィシャルサイト
◆「存在証明」レコ発スペシャル<片方のくつ下の行方>サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報