宮本笑里、日テレ「Culture Journal」のMCを担当

ツイート
2010年4月から日本テレビ系「NEWS ZERO」のカルチャーキャスターを務めている宮本笑里が、日本テレビ「Culture Journal」(10月6日25:29~スタート)で初めてTV番組でのMCを務める。番組テーマ曲も今回このために書き下ろされた新曲「Esperanza(エスペランサ)」だ。

スペイン語で「希望」を意味する「Esperanza」は、番組内のオープニングテーマ及びエンディングテーマとしてヴァージョン違いが用意されており、バイオリニスト以外の活動という新天地を切り開いた宮本笑里の、希望溢れる気持ちを表現した楽曲となっている。

宮本笑里は12月8日(水)に、2009年にヒットを記録した『dream』から1年ぶりとなるニューアルバム『for』をリリースするが、「Esperanza」はこのアルバムに収録される。新たな出会いや経験を自身の表現へと昇華させ、大切な人達の「ために(for)」演奏したという作品だ。

『for』はCD+DVDの初回盤とCDのみの通常盤の2種類がリリースとなり、「ツィゴイネルワイゼン」や「愛のあいさつ」など従来のクラシックの小品に加え、日本テレビ系「NEWS ZERO」のために書き下ろされた楽曲「ZERO」や、10月より「NEWS ZERO」新テーマ曲として福山雅治とコラボレーションし話題となっている「道標」のヴァイオリンソロによるインストゥルメンタルヴァージョン、出演中のナビスコ「プレミアムクラッカー」CM曲など、話題の作品が目白押しとなっている。着うた(R)は10月20日(水)より先行配信予定となっているので、まずはアルバム登場の前にチェックいただきたい。

日本テレビ系「Culture Journal」
毎週水曜 24:59 - 25:29オンエア
放送地区:東京、福岡(FBS)、長崎(NIB長崎国際テレビ)
初回放送10月6日のみ25:29~

『for』
2010年12月8日(水)発売
初回生産限定盤(CD+DVD)\3,465(税込)SICC.10098-99
通常盤(CD)\3,045(税込)SICC.10100
※どちらもSA-CDハイブリッド
1.ZERO(吉田翔平)●日本テレビ系「NEWS ZERO」のために書き下ろされた楽曲
2.2つのヴァイオリンのための協奏曲(J.S.バッハ)
3.Esperanza(CHI-MEY)●日本テレビ「Culture Journal」テーマ曲
4.道標(福山雅治)●日本テレビ系「NEWS ZERO」テーマ曲インストゥルメンタルヴァージョン
5.ツィゴイネルワイゼン(サラサーテ)
6.フレンズ(大川茂伸)●ナビスコ「プレミアムクラッカー」CM曲
7.感傷的なワルツ(チャイコフスキー)
8.愛の挨拶(クライスラー)
9.Crime and Punishment(千住明)●MBS系「鋼の錬金術師」挿入曲
10.白鳥(サン=サーンス)
11.テンポ・ディ・メヌエット(クライスラー/プニャーニ)
12.アヴェ・マリア(シューベルト)
13.Butterfly(末光篤)※Bonus Track

◆宮本笑里オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報