ケータイ世代が選ぶ2010年秋ドラマ。1位は前田敦子と佐藤健の『Q10』

ツイート
レコチョクが、ユーザー投票による「2010年秋ドラマ期待度ランキング」を発表した。

最も票を集めたのは、佐藤健と前田敦子(AKB48)が共演することで話題になっている日本テレビ系ドラマ『Q10(キュート)』。平凡な男子高校生が転校生のロボットに恋をするというストーリーに「新感覚のストーリーなので期待しています」と期待の声が寄せられた。なお、『Q10』の主題歌は高橋優「ほんとのきもち」。

また、2位には二宮和也、香里奈が出演するフジテレビ系『フリーター、家を買う。』がランクイン。平凡な主人公が奮闘するというストーリーに人気、注目が集まっているようだ。

そのほか、3年ぶりに復活する医療ドラマ『医龍 Team Medical Dragon3』が3位、また水谷豊が及川光博を新相棒とし、警視庁の“特命係”を舞台にした『相棒season9』が4位と、人気シリーズの続編が安定した人気で上位にランクイン。TOP10を見ると、医者、刑事、獣医、会計検査庁の調査官など、職業物への支持が高い。

【レコチョク「2010年秋ドラマ期待度ランキング」】
1位:Q10(キュート)
2位:フリーター、家を買う。
3位:医龍 Team Medical Dragon3
4位:相棒season9
5位:獣医ドリトル
6位:流れ星
7位:黄金の豚―会計検査庁 特別調査課―
8位:ギルティ 悪魔と契約した女
9位:クロヒョウ 龍が如く新章
10位:SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~

【投票の概要】
投票実施サイト:レコチョク 音楽情報(iモード/EZweb/Y!ケータイ)
投票実施期間:9月21日(火)~10月5日(火)の14日間
有効回答数:1,653票

◆レコチョク
この記事をツイート

この記事の関連情報