誰もみたことがないAKB48、ドキュメンタリー映画登場

twitterツイート
AKB48のドキュメンタリーが映画となって2011年1月22日(土)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほかにて全国公開となる。

◆AKB48画像

『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued』と名付けられたこの映画は、2010年のAKB48の全活動に密着し、1000本を超える収録テープに記録されたAKB48の360度を結集させたもの。涙から笑い、迷いから自信まで、AKB48の全てが封じ込まれたドキュメンタリー作品だ。

「会いに行けるアイドル」をコンセプトに、オーディションによって全国各地から選ばれた彼女たちは、秋葉原の専用劇場「AKB48劇場」で毎日ステージを行ないながら着実に成長し、2010年、AKB48は国民的アイドルグループとなった。名実共にTOPの座へ付いたAKB48は、CDランキングを席巻し、テレビ、ラジオ、雑誌にと彼女たちの姿を見ない日は無い。

そんなAKB48の素顔はどんなものであろうか?

『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued』では、各シングルの製作過程、横浜アリーナ、代々木第一体育館でのライブ、選抜総選挙、ジャンケン大会といった2010年のAKB48の活動、その全てに密着。表舞台そして舞台裏のAKB48の姿、そこに映し出されるメンバーそれぞれの努力、喜び、葛藤、成長、夢、その全てが記録された一大ドキュメンタリーだ。そしてそこには未来を占うAKB48の明日が描き出されているのだ。

映画『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued』
2011年1月22日(土)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほかにて全国公開
(C)「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会
◆『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued』公式サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報