ロバート・ワイアット、新作は極上コラボ・ジャズ・アルバム

ツイート
ソフト・マシーンのドラマーであり、唯一無二の声を持つソングライターとして世界中から確固たる評価と人気を誇るロバート・ワイアットが、『コミックオペラ』以来約3年振りとなる最新アルバム『フォー・ザ・ゴースツ・ウィズイン』をリリースする。

◆「Laura」試聴

今作は、以前からワイアットと交流のあるジャズ・サックス奏者のギルアド・アツモンとバイオリニスト、ロス・スティーブンとのコラボレーション作品だ。ワイアットの温かい歌声と口笛、艶やかに奏でられるバイオリン、ムーディーで大人の色気を漂わせるアルト・サックスの調べはまさに絶品。ワイアットの筆によるオリジナル楽曲はもちろん、「In A Sentimental Mood」や「Round Midnight」といったスタンダードも収録。御年65歳にして新たな挑戦をし続ける、生ける伝説ロバート・ワイアットによる、永遠に語り継がれるクラシックとも呼べるアルバムの登場だ。


ロバート・ワイアット、ギルアド・アツモン、ロス・スティーブン
『フォー・ザ・ゴースツ・ウィズイン』
2010年10月27日
HSE-11015 2,490円(税込)
1.Laura
2.Lullaby For Irene
3.The Ghosts Within
4.Where Are They Now
5.Maryan
6.Round Midnight
7.Lush Life
8.What’s New
9.In A Sentimental Mood
10.At Last I Am Free
11.What A Wonderful World
※日本流通盤はライナーノーツ、一部歌詞対訳(3曲)付
この記事をツイート

この記事の関連情報