【D.W.ニコルズ・健太の『だからオリ盤が好き!』】 第14回 別物の『The Band / Cahoots』と、連載に込める想い

ツイート

D.W.ニコルズの鈴木健太です。

ずっとCDで愛聴していたアルバムを、初めてオリジナル盤で聴いたときの感動は筆舌に尽くしがたいものがありますが、時にはCDとオリジナル盤では印象が違いすぎるあまりに作品に対する解釈が違ってきてしまう、それほどのものもあります。


今回はそんな作品を一枚取り上げてみようと思います。1971年発表の、The Band4作目『Cahoots』。

Capitol Recordsの'71年のオリジナル盤は、'69年の2nd『The Band』、'70年の3rd『Stage Flight』と同じく、ライムグリーン地にターゲットのようなCapitolのマークのある“グリーン・キャピトル”レーベル。

これも、The Bandのほかのアルバム同様、CDで数え切れないほど聴いてきたアルバムです。A-1、A-2なんかは目を見張るほど素晴らしいし、アラン・トゥーサンによるホーンアレンジはアルバムを通していいスパイスになっています。しかし、全体としては何となくゴチャっとモヤっとしていて、曲もイマイチぱっとしない、演奏もそれまでのような躍動感が薄まっている、そんな印象は確かにあります。

ところが、そんな印象もオリジナル盤を聴いてひっくり返されました。

オリジナル盤で聴く『Cahoots』はCDで聴いてきたそれとは別物で、立体的かつ緻密なアレンジで構成されているように聴こえるのです。まるでアレンジ自体が違うかのようで、各楽器の出している音の意味まで違って聴こえてきます。

そうなると曲や作品に対する解釈まで違ってきてしまいます。さらには、ロビー・ロバートソンがほぼひとりでこのアルバムの作曲を手がけていることに対する評価も、“単調”というマイナスイメージから、“だからこその緻密なアレンジ”というプラスのイメージに変わってきたりもするのです。

このように印象、解釈まで違って聴こえてくるのは、各楽器の音の太さや音の立ち方だけでなく、何よりアナログ、特にオリジナル盤ならではの立体的で奥行きのある音像によるところが大きいのだと思います。しかしこれは不思議なもので、当然、その立体的な音像も意識して作っているであろうデジタルリマスターのCDを聴いても、まあ各楽器の音は立っているものの、このオリ盤の音像の立体感や空気感にはほど遠く、ここまで印象が違うようには感じられないのです。

やはりデジタルはデジタルなのだなあとつくづく感じてしまいます。

今回取り上げたこの『Cahoots』はあくまでも一例。ほかにも、このようにCDとオリ盤で印象がガラッと変わってしまうものに時々出会うのですが、そんな時、今まで聴いてきたものは何だったんだろう、と、思ってしまいます。それまでの自分の解釈との違いに戸惑うこともあります。

でも、それまで聴いてきたCDだって本物には違いないし、「オリ盤で聴かなきゃ嘘だ」なんて思うわけでもありません。ただ、こうやって好きな音楽を追求していくことの楽しさ、素晴らしさを、ひとりでも多くの人に知ってもらえたらなあ、と思うのです。

現代では音楽がどんどん手軽になっていますが、それにともなって音楽の品質の低下が著しいのも事実。そしてそれは音楽を作る側だけでなく、聴く側にも原因があるのではないでしょうか。

僕は、時代の流れに異論を唱えているわけではありません。でも、大切なものが失われつつあるような気がしてならないのです。この連載を、どれくらいの人が読んでくれているのかはわからないけれど、ひとりでもふたりでも、何かを感じてもらえたら嬉しいです。

「音楽には、夢やロマンがなきゃ面白くないし、未来もない。」

オリ盤探求の旅はまだまだ続くのであります。


text by:鈴木健太(D.W.ニコルズ)

◆連載『だからオリ盤が好き!』は、D.W.ニコルズのアーティストページに順次掲載されます

--------------------------------
D.W.ニコルズオフィシャルmyspaceにてUSTREAMとの連動企画がスタート!
10/7(木)から『DWのUST』が毎週木曜生放送!(予定変更有り)


  ◆  ◆  ◆

「イイ曲しか作らない」をモットーに、きちんと届く歌を奏で様々な「愛」が溢れる名曲を日々作成中のD.W.ニコルズ。
2005年9月に、わたなべだいすけ(Vo&Ag)、千葉真奈美(Ba&Cho)が中心となり結成。
その後、鈴木健太(Eg&Cho)、岡田梨沙(Drs&Cho)が加わり、2007年3月より現在の4人編成に。
一瞬聞き返してしまいそうな…聞いた事がある様な…バンド名は、「自然を愛する」という理由から、D.W. =だいすけわたなべが命名。(※C.W.ニコル氏公認)

待望のメジャー1st フルアルバム
2010年4月7日発売
『ONELBUM』(ワンルバム)
初回盤(DVD付)
AVCH-78012/B/3,000円(tax in)
通常盤
AVCH-78013/2,500円(tax in)

【CD】
01.B.D.K.
02.春風
03.ファミレス
04.SMOKE
05.グリンピースヌーピー
06.熱帯夜
07.太陽
08.サマーレイン
09.波待ちサーファー
10.マイライフストーリー
11.haleiwa
【DVD(初回盤のみ)】
01.マイライフストーリー
02.春風
03.B.D.K.

◆D.W.ニコルズ オフィシャルウェブサイト
◆D.W.ニコルズ MySpace
この記事をツイート

この記事の関連情報