ウィーザー最新作『ハーリー』は、原点回帰を感じさせる会心作

twitterツイート
ナゾ過ぎるアーティスト写真に話題たっぷりとなったハーリーのジャケット写真、そして何よりエピタフへの移籍という男っぷりで話題をさらったウィーザーだが、遂に、10月27日にニュー・アルバム『ハーリー』日本盤が発売となる。

「僕たち全員が思ったんだ。今作はウィーザーの本当に激しくて生々しい感情の一面を見せることこそが、みんなを最高にハッピーするだろうってね」──リヴァース・クオモ(Vo、G)

全編にみなぎる瑞々しさと、感情が爆発したかのようなエネルギッシュなサウンド、涙腺を刺激する切ないメロディーの応酬は、まさに懐かしくも新しい泣き虫ロックが詰め込まれている。また歌詞においても、昔を回想するシングル曲「メモリーズ」を筆頭に、彼らの代表作の1つである2ndアルバム『ピンカートン』以降初めて「セックス」をタイトルに入れた曲を収録したり、「スマート・ガールズ」では日本人女性名も登場させるなど、いたるところで初期ウィーザーを彷彿させる、歴代のウィーザー・ファン納得の作品となっている。

そしてそんなウィーザーの新作を心待ちにしているのは、何もオーディエンスの我々だけではない。そう、ミュージシャン連中だって楽しみにしているのだ。ここではデビュー時からウィーザーのファンだと公言するハイエイタス細美武士(Vo、G)、アジアン・カンフー・ジェネレーション後藤正文(Vo、G)から到着したコメントを紹介しよう。

   ◆   ◆   ◆

「ジャケが気になったから。」
そう言ってある日、友達がブルーアルバムを買って来た。確かにすげえ洒落てるなあと思って興味半分で初めて再生したときは、こんなに愛することになるなんて、まるで思いもしなかった。

あれからずいぶんと月日がたったけど、このアルバムの3曲目「Trainwrecks」を聴いたとき、確かにあの日あの場所へ帰れた気がした。これからも再生する度に、大好きだったあの景色に出会えるのかと思うと嬉しくて涙が出てくるよ。We're still kicking ass! We are Trainwrecks!――the HIATUS 細美武士

   ◆   ◆   ◆

不良にも人気者にもなれない音楽オタクの僕らを救ってくれたのは、「weezer(ブルー)」と「ピンカートン」でした。
あれから十数年、「最も影響力のあるロックバンド」のひとつになったWeezerの、だけど僕らの「あの頃」の延長線上で確かに鳴り響く傑作アルバムが誕生。しかも、我が青春のエピタフレコードに移籍!!感涙。―― ASIAN KUNG-FU GENERATION 後藤正文

   ◆   ◆   ◆

第2黄金期を迎えたウィーザーのニュー・アルバム『ハーリー』は、歴代ウィーザー・ファンはもとより、世代を超えて美メロ好きなロック・リスナーのマスト・アルバムなのだ。

『ハーリー』
日本盤:2010年10月27日発売
EICP1430 \2,520(税込)
・ボーナス・トラック収録
1.メモリーズ
2.ルーリング・ミー
3.トレインレックス
4.アンスポークン
5.ホエア・イズ・マイ・セックス?
6.ラン・アウェイ
7.ハング・オン
8.スマート・ガールズ
9.ブレイヴ・ニュー・ワールド
10.タイム・フライズ
11.オール・マイ・フレンズ・アー・インセクツ☆
12.美しき生命(コールドプレイのカヴァー)☆
13.アイ・ウォント・トゥ・ビー・サムシング☆
14.リプレゼント(ロックドアウト・ミックス)☆
15.アンスポークン (サム・ファラー・リミックス)☆☆
16.メモリーズ (インストルメンタル)☆☆
☆海外デラックス限定盤ボーナス・トラック
☆☆日本盤ボーナス・トラック
英詞/対訳/ライナー付(日本盤のみ)
・携帯から応募できるスペシャルIDナンバー入り(初回盤のみ)
A賞:全員プレゼント 日本オリジナル携帯FLASH待受 (カレンダー/時計機能付)
B賞:抽選で50名様 WEEZER×HURLEY ダブルネームTシャツ (限定カラー)

◆ウィーザー・オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス