9歳ウィロー・スミス、ジャスティン・ビーバーと共演

ツイート
月曜日(10月25日)LAで行なわれたジャスティン・ビーバーのコンサートに、ウィル・スミスの娘で、いま話題のキッズ・シンガー、ウィロー・スミスがゲスト出演したそうだ。ネットに流出したトラック「Whip My Hair」が大人気となり、ジェイ・ZのレーベルRoc Nationと契約を交わした彼女。9歳とは思えぬその歌声とダンス、さらには(親は喜ばないだろうが、同世代のキッズは間違いなく影響を受けるであろう)ファッション・センスを兼ね備えた大物新人だ。

◆ウィロー・スミス「Whip My Hair」PV映像

ジャスティンとウィローはこの夜、激しいダンスとともに「Whip My Hair」をデュエットした。何万人ものオーディエンスを前にまったく物怖じせず、すでにスターの貫禄さえ感じさせるウィロー。これで9歳とは恐るべし。

ちなみに、この夜はウィローのお兄ちゃんでもあるジェイデン、それにショーン・キングストンやアッシャーもゲスト出演したそうだ。豪華!

ウィローは、影響を受けたアーティストとして、俳優/シンガーである両親(ウィル&ジェイダ・ピンケット・スミス)だけでなく、レディー・ガガ(これは納得)とビリー・アイドルの名前を挙げている。この年でよくアイドルの名を知っているなと驚くが、「彼の音楽ってほんとかっこいい!」とのこと。

「Whip My Hair」のオフィシャルPVは、視聴できる地域が限定されているにも関わらず、公開後1週間で700万回以上視聴されたといわれる。親の七光りとはよばせない。


Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報