元・AKB48メンバーのMichiruがソロアーティストとしてデビュー

ツイート
11月10日、配信シングル「I ♡ YOUの五文字(アイラブユーのごもじ)」で、シンガーソングライターのMichiruがメジャーデビューする。実は彼女、元AKB48の星野みちるだ。

◆Michiruの画像

「I ♡ YOUの五文字」は、Ameba有名人・芸能人ブログにて上位をキープしているトップブロガーの桃とワタベウェディングによる『リゾ婚 HAPPY STORY』のテーマソングだ。同プロジェクトに関連した動画でBGMとして使用されたところ、結婚を控えた女性の気持ちをぎゅっと詰め込んだ歌詞に多くの人が共感。10月20日に歌詞のみを歌詞検索サイトにアップすると、検索ランキング最高位2位を獲得した。また、10月27日に先行配信スタートとなった着うた(R)は、レコチョクで17位、music.jpでは11位と好調なスタートをきっている。

この曲でメジャーデビューするMichiruは、2005年10月に行なわれたAKB48のオープニングオーディションメンバー合格者(応募総数7924人、合格者24人)のひとり・星野みちる。AKB48の1期生、旧Aチームにて活動していたが、2007年6月に、小さな頃から夢だったシンガーソングライターの道を叶えるためにAKB48を卒業した。

AKB48在籍時代にはプロデューサーの秋元康にひたすら自身が作曲した曲を聴いてもらい指導を受けていたという努力家。21曲目で初めて「この曲いいね!」と秋元康に認められ、その楽曲に秋元自ら詞をつけたのが「ガンバレ!」という作品。昔からAKB48を応援しているファンなら知っているとおり、この曲は、ファン向けドラマ『tgsk殺人事件』の挿入曲として起用された。またMichiru自身も、2007年に公開された映画『伝染歌』で、シンガーソングライター・五井道子として主題歌も歌った。

18歳から曲作りをはじめたMichiruは、これまでに50曲もの楽曲を制作。AKB48卒業後は弾き語りをメインに地道なライヴ活動を展開し、アーティストへの道を自ら切り開いていった。

今回、シンガーソングライターとしての幅を広げるために、同じ事務所のSunya氏とコラボして楽曲を制作。それが「I ♡ YOUの五文字」で、この曲が『リゾ婚 HAPPY STORY』のテーマソングに採用され、ついにメジャーデビューを掴みとったのだ。

「女の子が結婚するときに感じる幸せをたくさん詰め込んだハッピーな曲になりました。ウエディング・ソングの新たな定番の一つになったら嬉しいです」── Michiru。

その「I ♡ YOUの五文字」は、11月24日発売の“婚ピ”アルバム『~LOVE & PEACH~ けっこんのうた』で1曲目を飾る楽曲としても収録されている。


◆人気ブロガー・桃の“婚ピ”盤、Michiruほか収録曲決定、集まった声は6000件
◆Michiru オフィシャルブログ
この記事をツイート

この記事の関連情報