ドリーム・シアター、新メンバーのオーディションについて語る

ツイート
マイク・ポートノイの脱退というまさかの事態を受け、現在ドリーム・シアターはドラムのオーディションを実施している。

ヴォーカリストであるジェイムズ・ラブリエは、ケベックのラジオ局のインタビューにて今のバンドの状況を次のように説明している。

「ドリーム・シアターのメンバーは互いにコミュニケーションを取り合っている。ジョン・ペトルーシ、俺、ジョーダン・ルーデス、ジョン・マイアング…皆、頻繁に連絡し合ってるよ。俺たちは先週ニューヨークでドラマーのオーディションを行なったばかりだ。だから俺たちは今時間を使って、決断していかないといけない。これはバンド史上最も重要な決断だ。だから今は未来のために準備し、次のステージがエキサイティングで素晴らしいものになるようにするって事が全てだ。これが今俺たちが集中しなきゃならない事だ」

さらに、ドラマーのオーディションについてラブリエは次のように語った。

「オーディションは素晴らしかった。バンドにとって新しい経験だった。とにかく本当に今までにないような現実離れした経験だった。でもオーディションについて話すことができるのは、俺たちは前進していて、全てはうまくいっているって事だけだ。この話をする事は今の時点ではまだデリケートな問題なんだよ」

一体誰が新メンバーとして迎え入れられるのか、その真実はまだベールに隠されたままで、詳細は伝わってこない状況だ。人間業とは思えない超絶的なテクニックを必要とするドリーム・シアターのサウンド・アートをトレースし、更なる発展を推進するプレイヤーが地球上のどこにいるのか。新たに入るドラマーはビッグ・ネームなのか、それとも無名の天才ドラマーなのか…。

まさに注目、朗報をまとう。
この記事をツイート

この記事の関連情報