10代に人気のアニソンは『エヴァ』『MAJOR』『けいおん』関連

ツイート
コカ・コーラ ハッピーティーンズクラブが、10代を対象とした「アニうたランキング」を発表した。定番ソングのほか、ティーンらしい作品がランクインした結果となっている。

1位は『新世紀エヴァンゲリオン』主題歌、高橋洋子の「残酷な天使のテーゼ」。もはや国民的アニメともいえる本作。1995年の放映から今まで高い人気を集め続ける名作アニメは、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズが2007年からスタートし、2009年には『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』が公開されて人気が再燃した。

2位にランクインしたのは、ロードオブメジャーの「心絵」。この楽曲は、10代の男の子に絶大な人気を誇るNHKの野球アニメ『MAJOR』の初代オープニングソングだ。ロードオブメジャーは残念ながらすでに解散してしまっているが、この曲は、以前コカ・コーラ ハッピーティーンズクラブが行なった「スポうた」ランキングでも10位に入るなど、今もなお、ティーンのハートに熱く響いている。

3位は、10代からもそれ以上の世代からも大人気のアニメ『けいおん』のキャラクターたちが結成する5人組ガールズバンド“放課後ティータイム”が歌う「ふわふわ時間」。とにかく絶大な人気を誇る放課後ティータイムは、「U&I」が5位に、「NO,ThankYou!」も9位にランクイン。また「ふわふわ時間」を収録したミニアルバム『放課後ティータイム』は、2009年8月3日付のオリコン週間アルバムランキング1位を獲得している。

そのほかランキングには、きただにひろし「ウィーアー!」や東方神起「Share The World」など『ONE PIECE』の主題歌もランクイン。アニメからヒット曲が生まれてくる昨今だけに、アニメ人気とともに、引き続き主題歌にも注目したい。

【みんなが選んだアニうたランキング】
1位:高橋洋子 / 残酷な天使のテーゼ
2位:ロードオブメジャー / 心絵
3位:放課後ティータイム / ふわふわ時間
4位:和田光司 / Butter-Fly
5位:放課後ティータイム / U&I
6位:東方神起 / Share The World
7位:きただにひろし / ウィーアー!
8位:supercell / 君の知らない物語
9位:放課後ティータイム/ NO,Thank You!
10位:DOES / 曇天

◆みんなが選んだアニうたランキング(コカ・コーラ ハッピーティーンズクラブ)
この記事をツイート

この記事の関連情報