全観客参加型体感音楽イベント<ドラミング・ハイ>、第4回目は東京FMホールで

ツイート

11月6日(土)観客参加型音楽イベント<ドラミング・ハイ!~リズムEXPO~>が開催となる。高い評価と口コミによる広がりをみせ、スタートしてから回を重ねるたびに規模も拡大、遂に4回目となる今回は、東京FMホールでの開催だ。

◆<ドラミング・ハイ>画像

<ドラミング・ハイ>は、『全日本人ドラマー化計画』を提唱する五十嵐公太(ex.JUDY AND MARY)と、吉川晃司などのツアーにも参加する酒井麿の両ドラマーが主催するイベントだ。通常のライブやコンサートとは本質的に全く異なるもので、とにかく来場者にも打楽器を叩きまくってもらおうというコンセプト。ドラムセット、電子ドラム、ジャンベ…とパーカッション楽器が来場者全員分に十分に行きわたるよう用意されており、オーディエンスもアーティストと同様の参加者となるのだ。

アーティストとオーディエンスが音楽を共有し演奏するこのスタイルには、理屈ではない楽しさと得も言われぬ感動が体感できる。現場はとにかく簡単でシンプルだ。ステージの指示に従って、ただ「叩くだけ」。楽器にまったく触れたことがない方や親子参加でも楽しめる、ストレス解消の『音楽デトックス』な催しともいえる。

4回目の開催となる今回は、m.c.A・Tやスティーブ・エトウといった多彩なゲストも多数予定されている。テーマは「リズム・エキスポ」と題し、『リズムとビートの万国博覧会』をよりスケールアップして開催となる、ザ・音楽ミステリーツアーだ。

<Drumming High!2010 ~RHYTHM EXPO(リズム・エキスポ)~>
2010年11月6日(土)
開場16:00 PR イベント16:30 イベント開演17:30 終了予定20:00
一般 4,500円(オリジナルCD 付)
大学生・専門学生 3,000円
中学高校生 2,000円
小学生1,500円
※当日券は各300円UPになります
@TOKYO FM HALL
〒102-0080 東京都千代田区麹町1丁目7番 FMセンター2F
構成・演出:小松壮一郎
出演:五十嵐公太&酒井 麿
ゲスト出演:m.c.A・T(Voice)、スティーヴ・エトウ(パーカッション)、オカピ(from Pan Pop Paradise)(スティールパン)、千代園 剛(和楽器)、鹿間朋之 (Bass)、白石元久 (Key&Manipulator)、稲葉雅己 (VJ)、SETO(from BE BOP CREW) & His Crew (ストリートダンス)
プレイベント・ゲスト:真矢(LUNA SEA)
プレイベント・MC:CHINATSU(FM DJ)

※ドラミング・ハイとは?
“観客体験型”の新しい打楽器イベントとして話題を呼び、そのあまりの楽しさに、リピーター続出中の人気音楽イベント。この音楽イベントの特徴は何と言っても、お客さんも実際に演奏に参加できること。世界のトップ楽器メーカーの協賛により、会場には多数の打楽器が用意され、来場者はそれらを自由に使用できる。「楽器なんて触ったコトもないんだけど…」と、不安な人でも心配無用。これまでの参加者もほとんど楽器初体験の人ばかり。指示に従って「ただ、叩くだけ」で、誰もが不思議と打楽器の楽しい魅力に目覚めてしまう。日頃のストレスを吹き飛ばし、新たな自分を発見できるドラミング・ハイは、誰でも楽しめるハッピーな音楽イベントなのだ。

◆ドラミング・ハイ・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報