カラオケで歌うだけで、植林事業に参加

ツイート
第一興商が、全16曲用意された課題曲に対し、合計100回歌われるごとに1本植樹するという取り組みを行なうという。

これは、音楽を楽しんで木を植えるという<OTODAMA FOREST STUDIO 2010>のコンセプトに賛同し、『OTODAMA FOREST STUDIO 2010 × 課題曲ランキングバトル』企画をスタートさせるというもの。ユーザーが、デンモクiDSやDAMステーションから参加できる「課題曲ランキングバトル」で課題曲を歌うと、それが植樹に貢献することにつながるわけだ。

海辺で音楽を楽しむ夏の風物詩<音霊 OTODAMA SEA STUDIO>が、全国植樹祭の会場・湘南国際村「めぐりの森」に場所を移し10月17日に行なったイベントが、<OTODAMA FOREST STUDIO 2010>であった。ここでは音楽と大自然の野外コラボレーションイベントとして“音楽を楽しみながら木を植える”という取り組みを実現させており、そのコンセプトが今回も生きていることになる。

課題曲(全16曲)が合計100回歌われるごとに第一興商が1本植樹をすることになるが、2011年春に開催予定の湘南国際村での植樹活動に参加することになるという。実施期間は2010年10月1日~12月31日)なので、たくさん歌って植林に貢献するとハッピーだ。

なお、<OTODAMA FOREST STUDIO 2010>出演アーティスト(小田和正 / キマグレン / THE BOOM / スターダスト・レビュー / Chara with laidbook)の楽曲を歌唱した中から抽選で、オリジナルエコバッグと、栽培キットのセットといったエコグッズがプレゼントされるという。実施期間:2010年11月1日~12月31日で、賞品は1月下旬発送となる。歌うだけで植林に参加し、エコグッズもゲットできるという施策、ぜひご参加を。

◆クラブDAMオフィシャルサイト
◆<OTODAMA FOREST STUDIO 2010>
◆クラブDAMオーディションチャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報