Cocco、約3年ぶり単独ツアー<60分 Special Live>スタート。初日は60分越え

twitterツイート

Coccoが、2007年から2008年にかけて敢行された<きらきら Live Tour 2007/2008>以来、約3年ぶりとなるワンマンライヴツアー<Cocco 60分 Special Live「エメラルド」 Tour 2010>を11月2日のZEPP TOKYOよりスタートさせた。

チケットが瞬時にソールドアウトしたというこの日の公演。会場内はつめかけたオーディエンスによってライヴ前からすさまじい熱気につつまれていた。そして照明が暗転し、Coccoが登場。大きな歓声で迎えられたCoccoは、魂を揺さぶる歌で魅了した。

バックを固めるのは、Coccoとともに夏フェスにも参加した椎野恭一(Dr)、高桑圭(B)、堀江博久(Key)、大村達身(G)、藤田顕(G)という面々。そしてツアータイトル通り、2010年8月にリリースされたアルバム『エメラルド』に収録された楽曲を中心に、新旧の楽曲を織り交ぜたライヴを展開。一方で60分間のスペシャルライヴ、と銘打っていたものの、終わってみれば60分をゆうに超えたものに。その興奮は終演後も収まらず、拍手は鳴り止むことはなく、涙を流すファンの姿すら見られた。

<Cocco 60分 Special Live「エメラルド」 Tour 2010>は、今後、11月6日がZEPP NAGOYA、11月11日ZEPP TOKYO、11月16日ZEPP FUKUOKA、11月30日にZEPP OSAKAと続く。

さらに11月3日からは、Cocco好きな映像作家たちとCoccoによる制作費0円の自主制作映像「Inspired movies」のUSTREAMロードショーがスタート。11日までの9日間、毎日23時からはCoccoの楽曲にインスパイアされた映像作品を楽しんでほしい。

◆Cocco オフィシャルサイト
◆Cocco USTREAMチャンネル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon