岡村靖幸、謎のバンドXA-VATの楽曲リミックスを手掛ける

ツイート

SADIE PINK GALAXY(SPEECIES)、Közi(ex-MALICE MIZER)、石井秀仁(GOATBED、cali≠gari)、小間貴雄(ex-goatbed)で構成されるものの、バンドとしての実態はなかなか見えてこない、いわば謎のバンド“XA-VAT(ザバット)”が12月2日に新作「XA-VAT」をリリースする。そしてこの作品に岡村靖幸がリミックスした楽曲が収録されることがわかった。

今回、XA-VATは、自らのアーティスト写真と初音源「XA-VAT」のジャケット写真を公開した。公開されたアーティスト写真は、メンバーの姿をコラージュしたというアーティスティックな作品。また、2種類リリースされるシングルのジャケットは、それぞれが別のアートワークとなっている。

そして、2種類のシングル「XA-VAT」のうち、2CD仕様の「初回限定盤(2)」には、未発表曲「NUMANS-ROXETTE」のリミックスを収録。その名も「NUMANS-ROXETTE by Yasuyuki Okamura」。そう、このリミックスは、あの岡村靖幸が手がけたものだ。謎のバンドとJ-POPシーンの奇才のコラボレーションが、想像を超えた化学反応を起こすことは間違いない。

11月16日には原宿アストロホールのイベント、12月2日の恵比寿LIQUIDROOMでの初ワンマンライヴは、ともに早くもソールドアウトと、いきなりのインパクトを与えているXA-VAT。11月17日からは、同パッケージ収録の「ZEROTICA」が着うた(R) / RBTとして先行配信される。

◆XA-VAT オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報