世界が認めた逸材・ユニークがデビュー

ツイート

東方神起「どうして君を好きになってしまったんだろう?」のカヴァーで人気を博したスティーヴィー・ホアンをはじめ、リル・エディー、タージ・ジャクソンと、幾多の才能を輩出してきたマンハッタン・レコードのレーベル「マンハッタン・レコーディングス」から“新世代 R&B・ポップ・スター”UNIQUE(ユニーク)がデビューする。

◆ユニークの画像、「You Me And The Dance Floor」試聴

ユニークといえば、ジェイ・Zやニーヨ、リアーナなどを束ねるデフジャムの総師LA REIDが、その才能に惚れ込み、彼と契約を結んだというエピソードも記憶に新しい。そんなユニークの初フルアルバム『From Brooklyn To You』が、全世界に先駆けて日本で12月15日にリリースされる。

今作には、R&B、ポップス界の日米トップ・プロデューサー、シンガーソングライター陣が集結。メインソングライターには、マイリー・サイラス「Party In The U.S.A」やジェイソン・デルーロ「In My Head」など、昨今のヒット曲を軒並み手がけたクロード・ケリー。そして「Searchin' For Love」の日本でのスマッシュヒット(レコチョク1位)も記憶に新しいシンガーソングライターのリル・エディーが参加。

また、デスティニーズ・チャイルドやジェニファー・ロペス、メアリー・J.ブライジらをプロデュースしたロドニー・ジャーキンスらに加えて、日本からは、JUJUや加藤ミリアなどを手掛ける“泣きうたの仕掛け人”Jeff Miyaharaと、ジャパニーズ・ヒップホップからチャート・ヒットまで、幅広い才能を発揮するBach Logicも制作陣に名を連ねている。

アルバム発売に先駆けて、現在、1stシングル「You Me And The Dance Floor」がiTunesにて配信中(R&B/ソウルチャートで最高3位獲得)。さらに、次回シングルは大物アーティストとのコラボが予定されている…らしい。詳細は後日発表される。


◆マンハッタン・レコーディングス オフィシャルサイト
◆iTunes Store ユニーク 「You Me and the Dance Floor」(iTunesが開きます)
この記事をツイート

この記事の関連情報