Der Zibet、25年目の最新作にBUCK-TICK櫻井が参加

ツイート

ジャパニーズ・ロックの黎明期、1985年にメジャー・デビューを果たし、シーンの異端児的存在として強烈な存在感を放ち続けたDer Zibet(デルジベット)。

◆新曲「凍えた太陽」PV
◆Der Zibet画像

活動休止から11年後の2007年、オリジナル・メンバーで軌跡の復活をとげた彼らは、2009年に通算13枚目のオリジナル・アルバム『PRIMITIVE』をリリース。その後、精力的なライヴ活動を行ない、デビュー25周年を迎えた今年(2010年)、そのアニバーサリー作品となるアルバム『懐古的未来~NOSTALGIC FUTURE』を11月10日にリリースする。

本作は、書き下ろしの新曲はもちろん、初のセルフ・カヴァー、そして貴重なライヴ音源も含む全15曲を収録。1991年にリリースされた『思春期II-Downer Side-』収録曲「マスカレード」のカヴァーでは、盟友の櫻井敦司(BUCK-TICK)が参加しており、ISSAYと櫻井による唯美で妖艶なヴェルヴェット・ヴォイスの応酬は必聴ものだ。

Der Zibetはこの後、渋谷、大阪でワンマン・ライヴを行なう。

New Album
『懐古的未来~NOSTALGIC FUTURE』
2010年11月10日発売
DCCL-25 \3,150(tax in)
1. Lunatic Dancin' (1985年「Violetter Ball-紫色の舞踏会-」収録)
2. Girls (1986年「Girls radical dance mix」収録)
3. 永遠の瞬き(新曲)
4. 4-D Visionのらせん階段 (1991年「思春期Ⅱ-Downer Side-」収録)
5. 凍えた太陽(新曲)
6. 見果てぬ夢 (1993年「TRASH LAND」収録)
7. マスカレード (1991年「思春期Ⅱ-Downer Side-」収録)
※櫻井敦司(BUCK-TICK)参加
8. チョコレートドリーム (1991年「思春期Ⅱ-Downer Side-」収録)
9. 待つ歌 (1985年「Violetter Ball-紫色の舞踏会-」収録)
10. UPPER QUEEN(新曲)
11. Nostalgic Future(新曲)
12. マンモスの夜(Live at FAB 9th Dec.09)(1989年「CARNIVAL」収録)
13. Der Rhein(Live at 南青山MANDALA 8th May.10)
(1985年「Violetter Ball-紫色の舞踏会-」収録)
14. 沈みたい (1987年「Electric Moon」収録)
15. RED MOON(Boohick Remix) (2009年「PRIMITIVE」収録)

DER ZIBET ワンマンツアー
<25th Anniversary ~懐古的未来への招待~>
11.14(日)SHIBUYA BOXX
17:30開場18:30開演
Guest Violin : Rose Noire
料金(税込) 前売料金 ¥3800- 当日料金 ¥4300-
オールスタンディング
(問)ディスクガレージ 03-5436-9600(平日12:00-19:00)
◆チケット詳細&購入ページ
11月22日(月) OSAKA MUSE 
開場時間 18:00 開演時間 19:00
前売料金 ¥3800- 当日料金 ¥4300-
オールスタンディング
整理番号有ドリンク代金別途要
(問) GREENS 06-6882-1224 http://www.greens-corp.co.jp/
◆チケット詳細&購入ページ
◆Der Zibetオフィシャル・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報