レディー・ガガ、蝋人形でも新記録

twitterツイート
世界最大の蝋人形館、マダム・タッソーにレディー・ガガの人形が登場する。数々の記録を塗りかえてきたガガらしく、こちらでもマダム・タッソー史上初、合計8体の人形が世界で同時公開されるという。

12月9日、本家ロンドンだけでなく、アムステルダム、ベルリン、ニューヨーク、ハリウッド、ラスベガス、上海、香港にあるマダム・タッソー8館で、それぞれ違うコスチュームを着けたガガ人形がお披露目されるそうだ。

ガガには話題となったコスチュームがたくさんあるが、選ばれた8着は――

1.Lady in Lace 2010年のブリット・アワーズで着用された白いレースのマスク付きドレス
2.Telephone 2010年3月、BBCのトークショウに出演した際、かぶっていた電話型帽子とアルマーニのコート
3.Harlequin 韓国を訪れた際に着ていた黒いボディ・スーツ
4.Kinky Boots 2009年春、ロンドンのレストランを訪れたときに着用していた皮のボディ・スーツ
5.Mini Mouse BBCラジオに出演したときに着ていたラテックスのボディ・スーツ
6.Hair Hat 黒いシースルーのネット・ドレス
7.Wired "Wing" Dress with lightning "Eye" 黒いストラップレスのショート・ドレス8.Big Hair 2009年、デンマークのホテルの外でパパラッチされたときに着けていた腰まであるブロンドのカツラとヌード・カラーのボディ・スーツ

こう言われてもすぐには思い浮かばないものもあるが、実際目にしたら“ああ、あれね”と思うのだろう。しかし、2010年最大、いやガガ史上1番の話題となったミート・ドレスは、間に合わなかったのか含まれていない。

どの人形館にどのガガが登場するかは当日まで秘密だそうだ。人形の制作には4ヶ月、1体15万ポンド(約2,000万円)/合計120万ポンド(約1億6,000万円)の費用がかかったという。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報