90年代V系楽曲をネオV系バンドがカヴァーしたコンピ盤登場

twitterツイート

日本発の文化として、いまや世界中に熱狂的なファンを持つ“V-ROCK”と呼ばれるヴィジュアル系シーン。1980年代後半にシーンが生まれた当時はその言葉すらなかったものの、X JAPAN(当時はX)やBUCK-TICKなどの成功により一気に加速。1990年代に入ると、LUNA SEAやGLAYがメガ・ヒットを連発し、MALICE MIZERやSHAZNAの登場でヴィジュアル表現の過激さもピークを極めていった。

そんな90年代のV-Rock楽曲たちを、ネオヴィジュアル・シーンのアーティストたちがカヴァーしたコンピレーション・アルバム『CRUSH! -90's V-Rock best hit cover songs- 』が、2011年1月26日にリリースされる。

GLAY「Winter, again」を12012、MALICE MIZER「月下の夜想曲」をD、SIAM SHADE「1/3の純情な感情」をNoGoD、DIR EN GREY「Schweinの椅子」をMERRYが、それぞれカヴァーする側のバンドのルーツが見える選曲なだけに、仕上がりが楽しみだ。

ちなみに、本作に収録される楽曲のオリジナル音源のセールス累計は800万枚とのことで、この驚異的な数字からも、いかに1990年代V-ROCKシーンがヒット・チャートを賑わせていたかが伺える。

『CRUSH! -90's V-Rock best hit cover songs- 』
2011年1月26日発売
UPCH-20221 ¥3000(tax in)
販売・発売元:NAYUTAWAVE RECORDS/ユニバーサルミュージック合同会社
拠点店初回特典として参加アーティストの写真付きインタビュー冊子を予定
[収録内容]
12012(GLAY「Winter, again」)
アンド(PENICILLIN「ロマンス」)
ドレミ團(SOPHIA「街」)
摩天楼オペラ(X JAPAN「紅」)
少女-ロリヰタ-23区(LUNA SEA「STORM」)
BugLug (SHAZNA「Melty Love」)
D(MALICE MIZER「月下の夜想曲」)
DaizyStripper(La'cryma Christi「With-you」)
DOG inTheパラレルワールドオーケストラ(Raphael「夢より素敵な」)
DuelJewel (BUCK-TICK「JUPITER」)
heidi. (hide with Spread Beaver「ピンク スパイダー」)
LOST ASH(D-SHADE「ENDLESS LOVE」)
Mix Speaker's, Inc.(CASCADE「S.O.Sロマンティック」)
MERRY(DIR EN GREY「Schweinの椅子」)
NoGoD(SIAM SHADE「1/3の純情な感情」) 計15曲収録

◆ユニバーサルミュージック
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報