<NEXUS>ニュース速報!SIONと10-FEETが固い「絆」で結ばれた夜

ツイート

Pay money To my Pain 撮影/釘野孝宏
4日間5公演に及ぶ今年の<NEXUS>。ついに11月12日(金)にその幕が切って落とされ、13日(土)、14日(日)と熱狂のライヴが展開された。その2日目となる13日(土)新木場スタジオコーストでの「ロックの階段を昇ろう」には、今日も様々な意味合いで「絆」を深く感じさせる3組が登場した。

◆<NEXUS>ニュース速報!SIONと10-FEETが固い「絆」で結ばれた夜~画像~

まずトップバッターはPay money To my Pain。男気溢れるルックスから叩き出されるラウドチューンの連発にフロアの熱気は一気に上昇。そのままラストの「Pictures」まで疾走感たっぷりの演奏で一気に駆け抜けた。年末に予定されているショートツアーに向けてバンドのムードは高まる一方だ。


SION & The Cat Scratch Combo 撮影/釘野孝宏
そして2010年に「新宿の片隅から」での鮮烈なデビューから25周年を迎えたSION。今回はSION & The Cat Scratch Comboとして出演。ふらりと自然体で登場するも、歌い出し一発で会場の空気を一変させる圧倒的な説得力を持つ「歌声」は圧巻の一言。歌詞の一言一句が胸の奥に深く突き刺さるような感覚とともに、全ての物事がその歌声によって浄化されるような感覚をも覚えるのか、初めてSIONを見るであろうオーディエンスたちの心をも鷲掴みにしていく。

バンドの演奏も後半に至るにつれ、熱気を帯びる。今回はMCでも終始一貫「The Cat Scratch Comboです」と言い続け、バンド感満載の演奏。「マイナスを脱ぎ捨てる」では昨今のトレードマークのハットを脱ぎ、髪を振り乱しながらの熱演で幕を閉じた。数多くのアーティスト達からのリスペクトを集める理由を、まざまざと今日集まったオーディエンスの目に焼き付けた。


10-FEET 撮影/釘野孝宏
この日のイベントライヴは、雑誌「MUSICA」で行われた、10-FEETのTAKUMAとSIONの対談を発端に実現。今日のSIONの演奏を目の当たりにして、TAKUMAの熱いリスペクトは今日集まった若いオーディエンス達の胸にも深く刻まれたであろう。

そして、このイベントのオーガナイザーでもある鹿野淳の「彼らはいつでもどこでも特別なライヴを見せてくれる」という紹介とともに、大トリには今日のイベントの仕掛け人とも言える10-FEETが登場。日本のロックシーンを牽引するアーティストの一つでもある彼らの演奏がフロアを熱く揺らす。のっけから「JUST A FALSE! JUST A HOLE!」「Freedom」などキラーチューンを連打でぶちかます。オーディエンスを常に自分たちと同じ位置・感情まで高めるような、彼らの演奏にスタジオコーストのフロアは熱狂の渦へ。彼らの発信するポジティヴなメッセージにサークルピットやモッシュピットの中に居るオーディエンスの顔は、最後まで笑顔が溢れていた。「夢がかないました。ありがとう」と言い、ステージを去るTAKUMAの笑顔に、イベントの意味合いを再確認させられる最高の幕切れだった。

さらに進化・深化を続ける<NEXUS>。14日新木場コーストは「ACOCORO」。山崎まさよし、NICO Touches the Walls、Salyu、WEAVERらが出演。そして最終日11月21日(日)の[NEXUS RESPECTABLE 80's ~渋公リターンズ~]に続く。熱く音楽界を揺らす<NEXUS>。

<NEXUS>
11月12日(金)、13日(土)、14日(日)@STUDIO COAST
11月21日(日)@渋谷C.C.Lemonホール

11月12日(金)[NEXUS CROSSOVER 2010]
AZU / 九州男 / KG / C&K / SoulJa / DJ KAORI / 童子-T / BENI / MAY'S

11月12日(金)[ANNEXUS(オールナイトイベント)]ウエノコウジ(the HIATUS/DAD MOM GOD/RADIO CAROLINE) / 片平実(Getting Better) / 草刈愛美(サカナクション) / SUGIURUMN / ダイノジ / DJ LOVE(世界の終わり) /ハヤシ(POLYSICS) / 矢口雅哲(ムック) / 山口一郎(サカナクション) / カトウタロウ / KEN ISHII / 鹿野淳 / ライヴアクト:Fear, and Loathing in Las Vegas
<WORLD WIDE MOUSHIWAKE NIGHT>
ミッツィー申し訳 (申し訳ナイタズ)、ギュウゾウ申し訳Jr. (電撃ネットワーク)、GEE申し訳Jr. (GTS)、ACID TOMMY申し訳Jr. (福富幸宏)、西寺郷太申し訳Jr. (NONA REEVES)、LEGENDオブ伝説 a.k.a.サイプレス上野申し訳Jr.、DJ JIN (Rhymester)、小宮山雄飛 (ホフディラン)

11月13日(土)[NEXUS ロックの階段を昇ろう]
SION & The Cat Scratch Combo / 10-FEET / Pay money To my Pain …and more

11月14日(日)[ACOCORO]
WEAVER / Salyu / NICO Touches the Walls / 大知正紘 / 長澤知之 / Predawn / Rake / 山崎まさよし…and more

11月21日(日)[NEXUS RESPECTABLE 80's ~渋公リターンズ~]アキマツネオ(マルコシアス・バンプ) / ISSAY(DER ZIBET) / 川上次郎(KUSUKUSU) / SHIGE(GEN)/浜崎貴司(FLYING KIDS) / 杉本恭一(LA-PPISCH) / HIKARU(DER ZIBET) / 広石武彦(UP-BEAT) / MAGUMI(LA-PPISCH) / 水戸華之介(ANGIE) / 源 学(GEN) / 宮田和弥(JUN SKY WALKER(S)) / 森純太(JUN SKY WALKER(S)) / 森若香織(GO-BANG’S) / 田村“SHO-TA”直美(Pearl) / 森重樹一(ZIGGY)…and more
<80's ROCKESTRA> Dr.kyOn(Key) / 小田原豊(Dr) / TOKIE(Bass) / 玉城宏志(Guitar)

◆NEXUS オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス