<NEXUS>ニュース速報!「歌の持つ自然な力」を感じられた第3日目

ツイート

Salyu 撮影/釘野孝宏
11月12日(金)、13日(土)、14日(日)新木場STUDIO COAST/ageHa、そして11月21日(日)に渋谷C.C.Lemonホールで合計4日間5公演に及び開催されているイベント<NEXUS>。その3日目のライヴレポをご紹介しよう。

◆<NEXUS>ニュース速報!「歌の持つ自然な力」を感じられた第3日目~画像~

[ACOCORO]とされたこの日、「歌の持つ自然な力」を空間に心地よく響かせるアーティストが集まった秀逸な一日となった。元来、アコースティック形態の演奏で活動を行うアーティストはもちろん、普段とは違ってこの日のみの楽器編成を試みるアーティストなど、スペシャルな一夜になった。RAKE、WEAVER、Predawn、Salyu、大知正紘、山崎まさよし、長澤知之、NICO Touches the Wallsが出演。それぞれのアーティストが放つ、鮮烈かつ秀逸なメロディーで会場中の空気を温かく満たした。


山崎まさよし 撮影/釘野孝宏
今日のために楽器編成を変え、さらに自由な表現で楽曲のニュアンスを変えてオーディエンスを魅了したWEAVER。そして、「自宅からそのまま来ちゃったみたい(笑)」という超自然体なムードながらに、空まで突き抜けるような透明度の高い歌声で会場全体を魅了したSalyu。デビュー15周年を迎えた山崎まさよしは、デビューアルバムのタイトルチューンでもある「アレルギーの特効薬」からライヴをスタート。サンプリングマシーンを使い、アコースティックギターをカホン代わりにして、その場でリズムループ音源を作成。その音源をベーシック流し、そのまま演奏に入るなど、マルチプレーヤーとしての才能を改めて披露。圧巻のパフォーマンスだった。

そしてこの三日間の大トリはNICO Touches the Wallsは、Voの光村龍哉の弾き語りで「梨の花」からスタート。この日はバンド形態と言いつつ、アコースティック編成。The Beatlesのカバー「Come Together」を絶妙なアレンジで披露、バンドとしての演奏力の高さをオーディエンスに見せつけた。そしてセット途中にはサプライズ・ゲストとして山崎まさよしを迎え、彼の代表曲の一つである「セロリ」を一緒に演奏。バンドのリスペクト溢れる熱のこもった演奏と、ヴォーカリスト二人の伸びやかな歌声が会場中を温かく包みこんだ。


NICO Touches the Walls 撮影/釘野孝宏
この日に出演したアーティストのパフォーマンス全てに共通したのは、「いいメロディー」「いい声」「いい歌」をオーディエンスに伝えることに終始一貫していたことであった。ある種、様々な楽器・テクノロジーを使い、演奏をデフォルメするよりも、素直に裸の状態で楽曲を伝えるために出演したアーティスト全てが、いかに自身の表現力を高める努力を、常に行っているかの証明とも言えた。その気概にオーディエンスも温かみを感じながらも、熱意を感じ取り帰路についたことだろう。

新木場STUDIO COASTとageHaを舞台に怒濤の3日間(4連戦)を終えた<NEXUS>。残るは11月21日(日)に渋谷・ccLemonホールで行われる「NEXUS RESPECTABLE 80's ~渋公リターンズ~」を残すのみ。今年の6月に行われた第1回目が大好評だっただけに、今回も大いに期待される。

公演に先駆けて、NEXUS宣伝マン(ウーマン)として森若香織がMX-TV夕方の人気番組『5時に夢中』にゲスト出演が急遽決定した。こちらも要チェックだ。

さらに、UP-BEATのオリジナルベーシストの水江慎一郎が緊急参加。バンドから水江の脱退と言う悲劇を乗り越え、彼は約20年ぶりに広石武彦と「渋公」と言う同じステージに上がる。これは一つの事件だ。

さて、<NEXUS>最終日となる話題満載の[NEXUS RESPECTABLE 80's ~渋公リターンズ~]は、いよいよ今週末開催。お楽しみに。

<NEXUS>
11月12日(金)、13日(土)、14日(日)@STUDIO COAST
11月21日(日)@渋谷C.C.Lemonホール

11月12日(金)[NEXUS CROSSOVER 2010]
AZU / 九州男 / KG / C&K / SoulJa / DJ KAORI / 童子-T / BENI / MAY'S

11月12日(金)[ANNEXUS(オールナイトイベント)]ウエノコウジ(the HIATUS/DAD MOM GOD/RADIO CAROLINE) / 片平実(Getting Better) / 草刈愛美(サカナクション) / SUGIURUMN / ダイノジ / DJ LOVE(世界の終わり) /ハヤシ(POLYSICS) / 矢口雅哲(ムック) / 山口一郎(サカナクション) / カトウタロウ / KEN ISHII / 鹿野淳 / ライヴアクト:Fear, and Loathing in Las Vegas
<WORLD WIDE MOUSHIWAKE NIGHT>
ミッツィー申し訳 (申し訳ナイタズ)、ギュウゾウ申し訳Jr. (電撃ネットワーク)、GEE申し訳Jr. (GTS)、ACID TOMMY申し訳Jr. (福富幸宏)、西寺郷太申し訳Jr. (NONA REEVES)、LEGENDオブ伝説 a.k.a.サイプレス上野申し訳Jr.、DJ JIN (Rhymester)、小宮山雄飛 (ホフディラン)

11月13日(土)[NEXUS ロックの階段を昇ろう]
SION & The Cat Scratch Combo / 10-FEET / Pay money To my Pain …and more

11月14日(日)[ACOCORO]
WEAVER / Salyu / NICO Touches the Walls / 大知正紘 / 長澤知之 / Predawn / Rake / 山崎まさよし…and more

11月21日(日)[NEXUS RESPECTABLE 80's ~渋公リターンズ~]アキマツネオ(マルコシアス・バンプ) / ISSAY(DER ZIBET) / 川上次郎(KUSUKUSU) / SHIGE(GEN)/浜崎貴司(FLYING KIDS) / 杉本恭一(LA-PPISCH) / HIKARU(DER ZIBET) / 広石武彦(UP-BEAT) / MAGUMI(LA-PPISCH) / 水戸華之介(ANGIE) / 源 学(GEN) / 宮田和弥(JUN SKY WALKER(S)) / 森純太(JUN SKY WALKER(S)) / 森若香織(GO-BANG’S) / 田村“SHO-TA”直美(Pearl) / 森重樹一(ZIGGY)…and more
<80's ROCKESTRA> Dr.kyOn(Key) / 小田原豊(Dr) / TOKIE(Bass) / 玉城宏志(Guitar)

◆NEXUS オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報