iTunesにザ・ビートルズがやって来たヤァ!ヤァ!ヤァ!

ツイート
に速報をお伝えしたとおり、2010年11月17日、ザ・ビートルズの作品がiTunesに登場した。13枚の伝説的なリマスター版スタジオアルバムとともに、iTunes LP、2ボリュームの『Past Masters』コンピレーション、そして『赤盤』『青盤』が一斉に全世界のiTunesに現れたのだ。米国での最初のコンサートを捉えた全世界iTunes限定の『Live at the Washington Coliseum,1964』コンサートフィルムを収録したiTunes LPが付属する、スペシャルデジタル『BeatlesBox Set』も用意されている。要は全部入りだが、それでも23000円という破格のプライスはデジタルならではと言えそうだ。

「ビートルズの音楽をiTunesで提供できることをとても嬉しく思っています。かつてレコードでリリースした曲がそれらが初めてリリースされたときのようにデジタルの世界でも愛されるのを見るのはとても素敵なことです。」──ポール・マッカートニー

「いつになったらiTunesでビートルズを聴くことができるのかと聞かれなくなることが特に嬉しいです。ついに、欲しければすぐにでも聴くことができるようになったのです。リバプール時代から今までのビートルズが。ピース・アンド・ラブ。リンゴ」──リンゴ・スター

「私たちはビートルズを愛しています。iTunesでビートルズの曲を提供できることを名誉に思い、興奮しています。ここまで来るのは長くて曲がりくねった道でした。ビートルズとEMIのおかげで、私たちは10年前にiTunesを立ち上げたときからの夢を実現しつつあるのです。」──スティーブ・ジョブズ(Apple CEO)

「Give Peace A Chanceの喜びの精神で、ジョンが生きていれば70歳になるこの年にこういうことができることはとても喜ばしいことと思います。」──ヨーコ・オノ

「iTunesでビートルズ。ブラボー!」──オリビア・ハリソン

「ビートルズとiTunesはともにそれぞれの分野で本当のイノベーターでした。EMIで働くすべての人間にとって、スティーブ・ジョブズ氏そしてAppleCorpsのジェフ・ジョーンズ氏そして彼らのチームと協力して、デジタルミュージックの発展に偉大なマイルストーンを築くことは恵まれたことです。」──ロジャー・ファクソン(EMIグループCEO)

なお、現在iTunes上で、「Live at theWashington Coliseum, 1964」の映像が無料でストリーミング視聴することができる。2010年末までの限定施策なので、お忘れなくチェックを。

◆iTunesチャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報