Line 6、充実のアンプ・モデルを搭載した世界スタンダード・ギター・アンプSpider IV 15/30/75

ツイート
全米でNo.1セールスを誇るSpiderアンプの最新版であるSpider IVシリーズは、Line 6が独自に開発したアンプ&エフェクト・モデルを搭載した強力なギターアンプだ。クリーンサウンドからヘヴィなひずみまで、最大16種類のアンプ・モデル、そしてコーラス/フランジャーなどの定番からエコーなど最大20種類のスマートFXを搭載し、あらゆるギタートーンを高いレベルで作り出すことができる。

アンプ・モデリングとは、デジタル信号処理によって有名なギターアンプをはじめとした幅広いサウンドを再現する技術。真空管アンプではボリュームをフルにする必要のあった良い歪みサウンドが、小音量でも出せるといったメリットもある。「Spider IV」のアンプ・モデル数は、15Wモデルが4種、30Wモデルが12種、75Wモデルが16種となっている。

操作法は実に簡単。Spider IV 15であれば、「AMP MODEL」4つのうち1つを選び、トーンコントロールで音質を操作、そしてスマートコントロールFXの2つのノブでエフェクターを選んでそれぞれの範囲のなかでエフェクトの程度を調整する。Spider IV 30や75であれば、「CNANNELS」から1つを選び、アンプモデルダイアルで12種、75であれば16種類から選ぶ。スマートコントロールFXでのエフェクターは、表示範囲内でエフェクターのかかり具合を調節するといった具合だ。

さらに、これに加えて、著名ギタリストが作成したプリセットを使うこともできるので、ギターサウンドに関する詳しい知識がなくても、多くのバリエーションのトーンを弾き分けることができるというスグレものだ。

このほかには便利な機能として、チューナーの搭載、自宅での使用にうれしいヘッドフォン端子の装備、そして、CDプレイヤーやiPodなどのMP3プレーヤーを接続するための入力端子(ステレオミニ)が用意されるのも便利なところ。練習はもちろん、録音済みバッキングトラックに合わせてギターパフォーマンスすることにもしっかり対応できる。

どのモデルを選ぶかは使い方次第だ。Spider IV 15は、アンプ・モデルは4種類だが、それぞれで幅広いバリエーションのサウンドが得られるうえ、小さい音量でも、またはヘッドホンでも本格的なサウンドを出すことが可能だ。ビギナー向け。Spider IV 30は、アンプ・モデルは12種類。エフェクトとの組み合わせも十分にあるので、サウンド・バリエーションは飛躍的に向上する。ライヴを定期的にこなすアマチュアミュージシャンなら、このモデルを選んでほしい。さらにSpider IV 75はアンプ・モデルは16種類、エフェクトも20種類を備えており、アーティスト・プリセットもフルに装備しているので、サウンドのバリエーションは、使いこなせないほどの数がある。ライヴでバリバリ使いたい人向けだ。

75W以上のモデルにはルーパー機能も搭載。バッキングを録音、ループ再生してつつソロ演奏を加えるといった、練習やパフォーマンスに役立つ機能として使えるほか、サウンドメイキングにも有効に使える。

BARKSでは、このSpider IV/15/30/75の実践的な使いこなしを伝授する特集を公開中だ。日本屈指のギタリストDAITA氏を講師に迎え、Spider IVのデモンストレーションを行っている。Spider IVのダイナミックなサウンドとDAITA氏の華麗なテクニックを堪能するため、映像や音声をたっぷり準備している。こちらもぜひ読んでもらいたい。

◆Line 6、Spider IV 15/30/75 大特集
◆Line 6 Spider IVシリーズ製品詳細ページ
◆BARKS 楽器チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス