PANDA 1/2のUSTREAM番組、アルタのヴィジョンで放送

ツイート
笹ガールにしてパンダ好きの藤岡みなみ(リクルート「ポンパレ」CMでもおなじみ)と、上海出身の生粋のパンダであるジェームズ・パンダJr.による音楽ユニット・PANDA 1/2が毎週水曜日21時54分から放送しているUSTREAM番組『PAKU PAKU –The Pandaman Show-』。なんと11月24日の同番組は、新宿スタジオアルタ(の控え室)から放送され、その模様がALTA VISIONでも一部生中継される。

◆PANDA 1/2 画像

ALTA VISIONで生中継される時間帯は、22時01分~22時05分までと22時30分~22時33分までの、のべ約7分強。眠らない街・新宿の22時というゴールデンタイムを、約7分とはいえ、あのパンダ好きとパンダのユニットが独占してしまうのだ。これぞまさに“新宿は夜の10時”(ちなみにPANDA 1/2のメジャーデビュー曲は「上海は夜の6時」)。

さらに、スタジオアルタのオリジナル時報コンテンツ「vision-tokei」にもPANDA 1/2が登場する。登場するのは11月24日から3週間で、10時から23時までの毎時30分。1日13回、PANDA 1/2が時刻をお知らせする。

そんなPANDA 1/2は、11月24日に新曲「中華街ウキウキ通り」を着うたフル(R)、PC(iTunes Store含む)で配信開始。この曲、誰がどう読んでも「“ちゅうかがい”ウキウキ通り」なのだが、なぜかジェームズ・パンダJr.は“ちゅうかい”と発音している。上海ではこう読むのかもしれない。


◆PANDA 1/2 メッセージ映像(やっぱり“ちゅうかい”と言っている…)
◆PANDA 1/2 オフィシャル
この記事をツイート

この記事の関連情報