アリシア・キーズ、レディー・ガガ…、チャリティのためにTwitterを休止に

twitterツイート
レディー・ガガ、ジャスティン・ティンバーレイク、アッシャーらが、アリシア・キーズがスタートしたチャリティ運動のためにTwitterやFacebookなどのソーシャル・ネットワークの使用をストップする。

<Digital Life Sacrifice>と呼ばれるこのキャンペーンは、アフリカやインドでHIVに苦しむ子供たちを支援し、ワールド・エイズ・デーである12月1日にスタート。100万ドル(約8,500万円)の寄付金を集めることを目標にしている。

アリシアは「目を覚ますときだってみんなにショックを与えるのは重要だと思う。みんな、気にしていないわけでも、なにもしたくないって思っているわけでもない。ただ、こんな風にきちんと考えたことがなかっただけ。これはちょっと皮肉っぽいかもしれないけど、ダイレクトで即座に感情に訴える方法だと思う。人々の関心を集める。」「みんなが普段利用しているメディアを使うのは重要なことだしスーパー・クールだわ」と話している。

アリシア、ガガらはこの日から、ソーシャル・ネットワークの使用をストップ。100万ドルが集まった時点で復活させるという。同キャンペーンにはこのほか、ジェニファー・ハドソン、俳優のイライジャ・ウッド、テニス選手のセリーナ・ウィリアムズ、アリシアのご主人Swizz Beatzらが賛同。詳しくは、彼女が主催するHIV支援団体Kiip A Child Alive(Keepachildalive.org)まで。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報