<ソナーサウンド>、約5年ぶりに東京に上陸

ツイート
2002年、2004年、2006年と、これまで東京で3回開催されたイベント<SonarSound(ソナーサウンド)>が、2011年に5年振りに東京に帰ってくることが発表された。他国で開催されているすべての<ソナーサウンド>と同様に、アートとビジュアル要素を融合した最先端の音楽パフォーマンスをはじめ、革新性とクオリティにこだわった3日間にわたるビッグ・イベントだ。

今回は、会場を新木場ageHa / Studio Coastに移し、3日間の開催期間で20を超えるアーティストが出演するという。

<ソナーサウンド>とは、スペイン・バルセロナを拠点とし、世界最大級の規模で開催される最先端音楽とメディア・アートの祭典である。1994年6月にスタートしたソナーは、アーティスティックなエンターテインメント性と、前衛的で実験性に溢れる姿勢とを同時に兼ね備え、幅広いカルチャーを組み合わせた独特のフォーマットとコンテンツによって、先駆的フェスティバルとしての確固たる地位を築いてきた。メイン・アーティストの選定や、エレクトロニック・ミュージックの最新トレンドを取り入れたラインナップにも定評があり、異なるジャンルの交流が見られる場としても注目を集める世界屈指のビッグ・フェスティバルとなっている。

2002年からはスペインの国境を越え、これまでにロンドン(2002年より毎年開催)、ニューヨーク、ブエノスアイレス、サンパウロ、ソウル、フランクフルト、東京、そして最近では2010年9月にシカゴで、ソナーの理念を反映させたイベントが開催されている。

<SonarSound Tokyo>
2011年4月1日(金)、2日(土)、3日(日)
@ageHa/Studio Coast

◆<ソナーサウンド>オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報