『ドアーズ/まぼろしの世界』、カットフィルムを全員プレゼント

ツイート
現在上映中のドアーズのドキュメンタリー映画『ドアーズ/まぼろしの世界』だが、新宿武蔵野館にて12月1日と12月8日の2日間に限り、全員プレゼントが用意されているという。

これはメンバー2人の誕生日を祝して企画されたもので、12月1日はジョン・デンズモア、12月8日はジム・モリソンの誕生日なのだ。この両日のみ、『ドアーズ~まぼろしの世界』鑑賞者全員に、予告編のカットフィルム(5フレーム/日本版予告編からの切り出し)がプレゼントされるという。

もちろん、これは実際上映に使用されたフィルムのため、傷や汚れなどがあるものだが、それが返ってリアル…というか、嬉しい。ランダムに用意されているのでフィルムの絵柄などを選ぶことは出来ないが、ドアーズファンであれば、この日だけは再度訪れたいところだ。

『ドアーズ/まぼろしの世界』
ドアーズを題材にした初の劇場用長編ドキュメンタリー映画。未公開映像を交えながら、革命的な力を持った彼らの音楽と遺産に新たな視点を加えている。監督はジム・ジャームッシュなどの作品で撮影を手がけ、ブラッド・ピット主演で映画化された『ジョニー・スエード』で監督・脚本を務めたトム・ディチロ。ナレーションにジョニー・デップを迎え、ドアーズの軌跡を刺激的に描き出している。この映画の為の新たな撮影は一切行なわれず、リアルタイムの映像のみで構成されており、時代を超越し今なおカルチャーシーンに影響を及ぼし続けているドアーズの真の姿を垣間見る事ができる。
出演:ジム・モリソン/ジョン・デンズモア/ロビー・クリーガー/レイ・マンザレク
脚本・監督:トム・ディチロ『ジョニー・スエード』
ナレーション:ジョニー・デップ
2010年/アメリカ映画/カラー(一部モノクロ)/82分/ビスタ/ドルビーデジタル/英語
提供:キングレコード
配給:ビーズインターナショナル
(C) 2010 Rhino Entertainment Company, a Warner Music Group Company.
新宿武蔵野館ほかにて、絶賛公開中
◆『ドアーズ/まぼろしの世界』オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報