アースシェイカー、珠玉の名曲たちを魂込めてリ・レコーディングした新作登場

ツイート

日本のハードロック/ヘヴィメタル・バンドとしては、初めて武道館での単独公演を成功させ、TVの音楽番組にも次々と出演を果たすなど、90年代に数々の伝説を残したアースシェイカー。彼らが、デビュー当時のレーベルであり、「モア」「ラジオ・マジック」などなど、数々のヒット曲を残した古巣キングレコードの“ネクサス・レーベル”に時代をこえて奇跡のカム・バックを果たし、最新アルバム『バック・トゥ・ネクサス』を12月8日(水)にリリースする。

◆アースシェイカー~拡大画像~

衝撃のデビューからはやくも27年、ジャパニーズ・ハードロック/ヘヴィメタル・シーンを牽引し続け、今なお現役バリバリに活動を続けるアースシェイカー。このアルバム『バック・トゥ・ネクサス』は、ライブでいまだに人気の衰えることのないネクサス時代のヒット曲をベスト選曲で新録音し、まさにそのネクサス・レーベルからのリリース。

10月には、ネクサス時代の全アルバムを、MARCY&SHARA立会いのもと最高の音でリマスターし紙ジャケ限定盤でリリース。これはSHM-CD仕様になり、マスター・クオリティに限りなく近づく高音質を実現している。また、当時ミニアルバムに収録されていた曲をボーナストラックとして各アルバムに収録(「ライブ・イン武道館」はCD化の際にカットされていた2曲を復活しCDでは初の完全版で登場)という、ファン垂涎の作品群となっている。

さらに、デビュー30周年に向けて動き始めた本気モードのアースシェイカーは、2010年末からは、本作を引っさげて、ネクサス時代のヒット曲のみを演奏する全国ツアーを敢行する。

ここから、新たなる“シェイカー伝説”が再び始まる。

『バック・トゥ・ネクサス』
2010年12月8日発売
KICS-1629/\3,150(tax in)
1.バック・トゥ・ネクサス(インストゥルメンタル)
2.ギャンブラー
3.夢の果てを
4.ウイスキー・アンド・ウーマン
5.モア
6.シャイニー・デイ
7.アイ・フィール・オール・サッドネス
8.ザ・ナイト・ウィ・ハッド
9.アースシェイカー
10.記憶の中
11.ざわめく時へと
12.ただ悲しく
13.いま君にまた逢えて
14.ラジオ・マジック

<ツアー情報>
<EARTHSHAKER LIVE '10~'11 BACK TO NEXUS>
2010年12月18日(土) 千葉LOOK
2010年12月19日(日) 神奈川Thunder Snake ATSUGI
2010年12月22日(水) 神戸WYNTER LAND
2010年12月23日(木・祝) 名古屋Electric Lady Land
2010年12月24日(金) 大阪umeda AKASO
2010年12月26日(日) 高田馬場CLUB 1NE 2WO
2011年1月29日(土) 横浜SUNPHONIX HALL in YOKOHAMA ARENA
2011年1月30日(日) 越谷EASYGOINGS
2011年2月5日(土) 静岡Sunash
2011年2月6日(日) 豊橋ell.KNOT
2011年2月8日(火) 滋賀BARI-HARI
2011年2月10日(木) 京都磔磔
2011年2月11日(金・祝) 姫路Beta
2011年2月13日(日) 高知BAY5 SQUARE
2011年2月26日(土) HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3
2011年3月6日(日) 水戸LIGHT HOUSE
2011年3月13日(日) 福岡live house HEART BEAT
2011年3月15日(火) 山口LIVE rise SHUNAN
2011年3月16日(水) 広島・呉 Carouse Lambra
2011年3月18日(金) 広島CAVE BE
2011年3月19日(土) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
2011年3月21日(月・祝) 鳥取・米子AZTIC laughs(旧米子ベリエ)
2011年3月26日(土) 宇都宮 HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2
2011年3月27日(日) 八王子MATCHVOX
◆チケット購入ページ

<イベント>
3月12日(土) 大牟田 ふじ 『208 From The Beginning』
[総合問]ランデブー 03-5432-6353(月~金11時~18時)

◆メッセージ映像
◆アースシェイカー オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報