映画『ノルウェイの森』、ザ・ビートルズのみならずドアーズも

ツイート

12月8日はジム・モリソンの誕生日であり、先日お伝えしたとおり、新宿武蔵野館で公開中の映画『ドアーズ/まぼろしの世界』を鑑賞すると予告編のカットフィルム(5フレーム/日本版予告編からの切り出し)がプレゼントされるという、貴重な日でもある。

◆映画『ドアーズ/まぼろしの世界』予告編&映画『ノルウェイの森』予告編

そんな昨今、いよいよ12月11日(土)から劇場公開される映画『ノルウェイの森』の劇中において、ザ・ビートルズのみならずドアーズの「インディアン・サマー」も使用されていることが明らかとなった。

「インディアン・サマー」は、バンドの通算5枚目のスタジオ・アルバム『モリソン・ホテル』に収録されている珠玉のナンバーだが、数あるドアーズの名曲の中で「インディアン・サマー」を選曲した理由を、トラン・アン・ユン監督は、以下のように語っている。

「インディアン・サマーは、ドアーズの曲の中でも最も優しく愛らしい。光り輝き、深遠なこの曲の雰囲気はワタナベに対し、ミドリの抱いている厳しくも寛大な怒りの性質に見合っているのです」

監督のコメントの通り、楽曲は劇中の印象的なシーンで使用されているという。

映画『ノルウェイの森』は12月11日より全国公開。なお、「インディアン・サマー」が収録されているドアーズのアルバム『モリソン・ホテル』は、CDはもちろんのこと、各大手配信サイトにてPC/モバイル配信されている。


この記事をツイート

この記事の関連情報