amazarazhi、「夏を待っていました」PVが文化庁メディア芸術祭 優秀賞を受賞

twitterツイート
強烈な詩世界と美しいピアノの旋律が口コミで広がり、熱狂的フォロアーを生んでいるロックバンド“amazarashi”が6月9日に発売したEP『爆弾の作り方』収録曲「夏を待っていました」のVideo Clipが、第14回 文化庁メディア芸術祭 エンターテイメント部門 優秀賞を受賞した。

◆amazarazhi「夏を待っていました」~拡大画像~

毎年、広く様々なジャンルのメディア芸術を、高い芸術性と創造性を基準に大賞1作品、優秀賞4作品、奨励賞1作品が選ばれるこの賞。今年はエンターテイメント部門・アート部門・アニメーション部門・マンガ部門の4部門に対して過去最多2,645作品が応募。特にエンターテイメント部門はゲーム・WEB・音楽など、作品の範囲が多岐に渡るだけに、注目度も高い。

「夏を待っていました」は、amazarashiのシンボルとなっているテルテル坊主のキャラクターが、ペン描きのような強弱のある線と3Dで構成された画面で効果的に展開し、沈んだ色彩の町の中で楽曲の旋律と同調して、蛸足、テレビ、アンテナ、スピーカーなどに変容する。今年6月頃にネット中心に公開され、11月にはMySpace総合アクセスチャート1位を記録するなど、ネットを中心とした口コミからロングセールスを記録している。

11月24日には最新アルバム『ワンルーム叙事詩』がリリース。一切本人達のメディア露出のない中、好調にセールスを続けている。現在、オフィシャルサイトでは今回受賞したのと同じスタッフにより作成された、新曲「クリスマス」(「ワンルーム叙事詩」に収録)のフル3DCGによるビデオクリップが公開中。さらに、今回の受賞を受けて、「夏を待っていました」のMVもオフィシャルサイトで期間限定公開がスタートしている。amazarashiのビデオクリップが見られるのは、オフィシャルサイトだけ。この機会にぜひ見て欲しい。

『ワンルーム叙事詩』
2010.11.24発売
AICL-2195 \1,800(tax in)
1.奇跡
2.クリスマス
3.ポルノ映画の看板の下で
4.ポエジー
5.ワンルーム叙事詩
6.コンビニ傘
7.真っ白な世界

◆amazarashi オフィシャルサイト
◆amazarashiオフィシャルmyspace
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス