日仏ハーフ3人組、新生DUSTZの新ヴィジュアル公開

ツイート
インターナショナルスクールの幼馴染みを中心に2005年に結成され、2009年にテレビアニメ『戦国BASARA』エンディング・テーマ「Break & Peace」でメジャー・デビューしたDUSTZ(ダスツ)。デビュー同年には、フランスのパリで開催された音楽祭<Fete de la Musique“音楽の日”>に招聘され、シャトレーにて日本のバンドとしては初となる路上ライヴを行ない3,000人を動員するなど、そのワールドワイドな存在感が注目を集めている。

そんなDUSTZだが、2010年春に日本人ドラマーが脱退、メンバー3人全員が日仏ハーフとなり、新生DUSTZとしてのニュー・シングルを来春にリリースすることが決定。シングルの詳細はまだ明かされていないが、その期待を煽るように、新生DUSTZのキー・ヴィジュアルが公開された。

新生DUSTZのアート・ワークは、今、ファッションやデザイン業界で熱い注目を集め、世界的なフィールドで活躍する小島穣二氏、塩内浩二氏、舘鼻則孝氏の3人によるクリエイティブ・チームとのスペシャル・コラボレーション。レディー・ガガ「フェイム・モンスター」のマスクも手掛ける小島穣二氏が、DUSTZのために特別に制作したマスクを着用し、怪しくも崇高な雰囲気をかもし出している。

ヴォーカルのRay(レイ)は、俳優・藤田玲としても数々の話題作に出演している注目の若手人気俳優。ギターのKenT(ケント)は、人気ファッション・ブランド「NOZOMI ISHIGURO」や「WuT BERLIN」のショーでモデルを務めるなど、類希れなルックスも話題。ベースのGus(ガス)も、同じく10代の頃よりモデルとして活躍してきた経歴を持つなど、メンバーそれぞれが、音楽だけにとどまらず、演技、ファッションなどハイブリッドな表現者としてその才能を発揮している。新たな体制と制作環境の中で生み出す、新生DUSTZの活躍に、ぜひ注目していてほしい。

DUSTZは、2011年1月15日(土)にShibuya-AXで開催される<PATi★Night Episode06>にて、3人になってから初の本格的なライヴを行なう。

◆DUSTZオフィシャル・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報