【D.W.ニコルズ・健太の『だからオリ盤が好き!』】 第17回 『ROGER TILLISON'S ALBUM』と名盤リイシュー企画

ツイート
値段も安く、状態はノイズ一つ出ないくらい良いこの国内盤、もちろん“買い”です。国内盤と言えど、この名盤をレアなアナログ盤で聴けるということに僕は興奮しました。

家に帰り針を落とすと、やはりアナログのよさに唸らざるを得ませんでした。何と言っても違うのは質感。質感がCDとは比べ物になりません。CDはやはりレンジが広く、低音はよく広がっているし高音も伸びやかで、迫力があるように聴こえます。それに比べてアナログは、特にこれは国内盤ですからレンジは狭く感じますが、全体としても一音一音をとっても音がギュっと詰まっていて、やはり本物の、味わい深く奥深い音がするのです。

特にこの作品において大切なのはその味わいの部分で、それはRoger Tillisonの声やJesse Ed Davisのギターの質感や、土臭さや男臭さ等によって醸し出されるものであり、アナログでこそ十分に表現され得るものだと思います。

だからこの作品をアナログで聴いたことで、今まで感じていた何倍もの魅力を感じることができたし、どういう作品かをより理解することが出来たように思うのです。

ところで先程、国内盤だからレンジは狭い、というようなことを書きましたが、それは僕の経験と感覚では、国内盤は低音が少なく軽めの音という印象があるからです。それに比べUSオリジナルは全体の音の太さももちろんですが、特に低音が太くよく出ていて、粘りがあるような印象です。もちろん、いつかはこの『ROGER TILLISON'S ALBUM』のUSオリジナル盤も手に入れて聴いてみたいと思っています。きっと格別な感動を覚えることでしょう。

さて、最後に。'70年代後半のアナログ時代には『ロック名盤復活シリーズ』を、そして'90年代後半のCD時代には『名盤探検隊』シリーズを企画したワーナー。本当に素晴らしい企画をやってくれたものです。もしこれらの企画がなかったら出会えなかった素晴らしい作品もたくさんあったと思いますし、聴きたくてもなかなか聴けなかった作品もたくさんあったことでしょう。もちろんワーナーだけでなく、様々なレコード会社で、こういった名盤リイシュー企画は行なわれていますが、それでもまだまだ、廃盤になってしまっていて、聴きたくてもなかなか聴くことのできない素晴らしい作品はたくさんあります。そして熱心な音楽ファンはそういった企画を今か今かと首を長くして待ち望んでいるものなのです。

そんな名盤のリイシュー企画に感謝するとともに、これからも期待したいと思います。

オリ盤探求の旅はまだまだ続くのであります。

text by:鈴木健太(D.W.ニコルズ)

◆連載『だからオリ盤が好き!』は、D.W.ニコルズのアーティストページに順次掲載されます

--------------------------------
D.W.ニコルズオフィシャルmyspaceにてUSTREAMとの連動企画がスタート!
10/7(木)から『DWのUST』が毎週木曜生放送!(予定変更有り)

  ◆  ◆  ◆

「イイ曲しか作らない」をモットーに、きちんと届く歌を奏で様々な「愛」が溢れる名曲を日々作成中のD.W.ニコルズ。
2005年9月に、わたなべだいすけ(Vo&Ag)、千葉真奈美(Ba&Cho)が中心となり結成。
その後、鈴木健太(Eg&Cho)、岡田梨沙(Drs&Cho)が加わり、2007年3月より現在の4人編成に。
一瞬聞き返してしまいそうな…聞いた事がある様な…バンド名は、「自然を愛する」という理由から、D.W. =だいすけわたなべが命名。(※C.W.ニコル氏公認)

待望のメジャー1st フルアルバム
2010年4月7日発売
『ONELBUM』(ワンルバム)
初回盤(DVD付)
AVCH-78012/B/3,000円(tax in)
通常盤
AVCH-78013/2,500円(tax in)

【CD】
01.B.D.K.
02.春風
03.ファミレス
04.SMOKE
05.グリンピースヌーピー
06.熱帯夜
07.太陽
08.サマーレイン
09.波待ちサーファー
10.マイライフストーリー
11.haleiwa
【DVD(初回盤のみ)】
01.マイライフストーリー
02.春風
03.B.D.K.

◆D.W.ニコルズ オフィシャルウェブサイト
◆D.W.ニコルズ MySpace
この記事をツイート

この記事の関連情報