“超至近距離”声優ユニットLISP、少女コミック誌『Cookie』で漫画化

ツイート
阿澄佳奈、片岡あづさ、原紗友里の“超至近距離”声優ユニットLISP(リスプ)が12月10日に配信限定3rdシングル「恋する乙女のカタルシス」をリリースする。この配信を記念し、阿澄佳奈とLISPをモデルとした漫画が集英社『Cookie』にて連載されることが明らかになった。

◆LISP(阿澄佳奈、片岡あづさ、原紗友里)画像ほか

声優を目指す女の子の成長を描いていくというこの漫画は、阿澄佳奈が取材協力し制作される。主人公の声優を目指す女の子は、阿澄佳奈がモデルとなっており、物語の中にはLISPを彷彿とさせるユニットも登場。現実の要素を取り入れたフィクションとなる。なお、漫画のタイトル及び詳細は、12月25日発売の集英社『Cookie』誌面で発表される。

集英社『Cookie』といえば、ハイティーンを中心に人気を集める少女コミック誌で、代表作には、矢沢あい原作で映画・TVアニメ化した『NANA』などがある。

一方の3rd配信限定シングル「恋する乙女のカタルシス」は、12月10日からBS11にて放送開始のTVアニメ『這いよる! ニャルアニ リメンバー・マイ・ラブ(クラフト先生)』の主題歌。このアニメにはLISPの3人が声優としても出演する。

「参考になるかどうかわかりませんが、これまでの声優人生の体験談をお話させて頂きました。どんな漫画になるのか楽しみです! 声優という職業に興味のある方にも全く知らない方にも、楽しく読んでもらえるような作品になったらいいな♪」── 阿澄佳奈(LISP)

「取材をさせて頂いて、声優さん、声優業界ってそうなんだ! と、驚くことがたくさんありました。いい刺激を受け、創作意欲満タンです! 頑張りますのでぜひよろしくお願いします!」── よねやませつこ 氏(漫画担当)

「声優ってやりがいあるよね。と頑張る主人公と声優業界のもろもろを描く混沌コメディ。録音現場はいろいろあります。出会いも夢も友情も。その中でだんだん成長していく話です。」── 神楽坂淳 氏(原作担当)

「声優という仕事の喜びや苦労を、声優である阿澄佳奈さんの協力を得てリアルに描きながら、マンガ的フィクションを交えて楽しく描きます。『Cookie』という雑誌の新たなチャレンジです。」── 今井英 氏(集英社『Cookie』編集部 編集長)

(C)よねやませつこ/集英社クッキー◆部屋とパソコンとLISP
この記事をツイート

この記事の関連情報